バルセロナのレイアール広場でパエリアディナー

2018年5月17日(木)2日目⑧ バルセロナ観光
(カタルーニャ広場 ― ランブラス通り ― ボケリア市場 ―) ミロのモザイク床 ― レイアール広場(約2km)


「ミロ」がデザインしたモザイク床を、踏みしめて
(芸術家さまの芸術作品に素人がモノ申すのは何だけど、ヨーロッパの古都に赤青黄色の信号カラーって似合わなくない?)
G180711_11.jpg

レイアール広場に、やって来た。
G180711_12.jpg

「ガウディ」デザインの街灯は、広場にしっくり馴染んで、素敵と思う。
G180711_13.jpg
広場をぐるりと取り巻く回廊にレストランがぎっしり詰まってて、雰囲気最高k_a019.gif


今夜のディナーはLes Quinze Nitsでイカ墨パエリアって、決めてきた。
G180711_14.jpg


テラス席でウキウキで、写真を撮ろうとしますたが、夫は寝てるし。
G180711_16.jpg

わたしゃ、八の字眉毛にへの字口。手前カップルの美男美女ぶりとはずいぶん違う… k_a032.gif 妹ちゃんへ私信:美人マダムを目指すなら、いつでも口角は上げとくべきですね?)
G180711_17.jpg


わたしらよりも、がが撮ってる方が、イイ感じ。
G180711_21.jpg
サングリア€3.50 CAVA€2.95

チキンサラダ€7.35
生野菜ウレシー。柔らかチキン(むね肉)と、ソースがからんでウマカッタ。
G180711_22.jpg

お店の名物イカ墨パエリア€11.95×2。
イカ墨たっぷり、柔らかイカ肉、米ウレシー。
G180711_23.jpg
サービス料込みで€37.70(×140円で5,300円くらい+チップ)
50代夫婦ふたりで、相当がんばって食べて、腹ぱんぱん。雰囲気よくて、普通においしくってリーズナブル k_k013.gif


帰りはバスで。
G180711_31.jpg

街並み見ながら、帰りまふ。
G180711_32.jpg

G180711_33.jpg
長くて楽しい1日ですた。



【レストランの選び方考】
残念ながら、日本にいても外食は、そば・焼き鳥・焼肉・回る寿司しか行かないぎんたんち(ランチはピザ屋くらい行くし、わたしゃ女子会で行くけど)。外国でレストランの品定めをするには、圧倒的にスキル不足。店頭に飾ってある英語(スペイン語はあきらめてる)メニューを素早く読んで品定めするとか、客引きウエイターと円満にコミュニケーションとるとか、現地でいきなりヤるのはとてもムリ!というわけで、ネットで調べて行きますた。( → 参照トラベルジェイピー記事 ※書いたのはわたしじゃないよ) 

ぎんたんちの場合、旅先レストランの選考基準は「その地の名物を、リーズナブルに、雰囲気イイ店で食したい。テラス席があったら、絶対座る!」 そりゃ美味しい方がイイけれど、マズくて高い店が回避できたらそれでヨシ。グルメや吞兵衛ではないので、星付きレストランとかには興味ナシ。こーゆーレストラン街で1つ、自分好みの基準店を知ってると、現地でチョイスがめっちゃ楽!レイアール広場の他レストランはもっと高かったし(店頭メニュー見た)、ウェイターがウェルカムな雰囲気で迎えてくれたので、決めますた。

テラス席でウキウキしてたら「バッグに気を付けて」といわれたので、テーブル下に置いたロンシャンバッグを足で挟んでいたんだけれど、前席にいた若いカップルがあっという間に、スマホを持ち逃げされてた! すぐに持ち主の男子と、ウェイターが2-3人追いかけたけど、残念ながら取り逃がしたようで、ポリスが来てた。すぐさまロンシャンバッグは、ぎゅうぎゅう椅子に詰め込みますた。(背中に置いちゃダメだって!) あぁ、これが啓示だったのに…。(下のもくじ参照のこと)


レイアール広場にある、雰囲気がよくてリーズナブルなレストラン。Les Quinze Nits



旅のもくじはこちら↓
50代夫婦スペイン旅行もくじ―スリにサイフをスられたよー!(泣)

バルセロナのランブラス大通りとボケリア市場ってどんなとこ?

2018年5月17日(木)2日目⑦ バルセロナ観光
カタルーニャ広場 ― ランブラス通り ― ボケリア市場 ― ミロのモザイク床 ― レイアール広場(約2km)


B&Bで(夫が)たっぷり昼寝をしたあと、地下鉄乗って
G180710_00.jpg

バルセロナ空港バスの発着地カタルーニャ広場にやって来た。
G180710_11.jpg

広場自体は、だだっ広くて、情緒も日陰もナッシング。
G180710_12.jpg


早々に、ランブラス通りに入ります。作家サマセット・モームが「世界で最も美しい通り」と絶賛したと伝わる、旧市街のメインストリート。
G180710_15.jpg
どでかい街路樹に守られた、緑あふれる歩行者天国。日中はお日さまギラギラ照りつけて、日陰に座ってアイス食べたい!ってくらいに暑かったけど、18時ごろは、ほどよく涼しくなって気持ちイィー!だからスペインにはシェスタ(昼寝)の習慣があるのねって納得なのら。

G180710_41.jpg
そんでまー、観光客の多いこと!大道芸人もいっぱい出てて、ずらりと並んだオープンカフェには、でっかいジョッキでサングリア飲んでる人が溢れてた。道幅が広すぎるせいか、買い物したい店は見当たらなかったのが残念。(翌日行った、ゴシック~ボルン地区の路地裏には、魅惑的な店がイッパイあった)ランプラス通りは、涼しい時間に、そぞろ歩きを楽しむとこですな。

上2枚の写真を見れば分かるように、斜め掛けバッグやリュックは前にまわして、ショルダーバッグは脇の下でぎゅっとはさんで持つ人多数。賢明にも、スリ対策してると思わるる。こんな風に↓ラフに持ってちゃいけません(妻のサイフが入っとるとよ!)。レストランで、指だけでハンドバッグの取っ手を持ってた女子は、ウェイターに危ないって注意されてた。みにゃさま、くれぐれもご用心あれ。
G180710_16.jpg



ボケリア市場
ランブラス通りにある、観光客向けオサレ市場と思ったけれど、地元民もけっこう来ているみたい。家族連れもいたけれど、どっちかっつーとデートスポット?
G180710_22.jpg

G180710_23.jpg

生ハムと果物店がイッパイで、目移りしまくり!
G180710_24.jpg

カットフルーツやジュースは1€~2€
営業時間のせいかもしれないけれど(バルセロナ20時ごろ閉店 マドリード25時ごろ閉店)果物はバルセロナの方が断然安かった。 この後、さらにどんどん値下がりしてますた。
G180710_25.jpg

1€のフレッシュジュース飲みつつ、品定め。
G180710_26.jpg

奥には席について食べれるバーもあったけど、思った以上に高かった。手前エリアの屋台には、お味見メニューが充実してて、イイモノちょっと食べたいねーと思ったけれど、残念ながら、わたしゃ肉の良しあしが一目でわかるほどのグルメじゃなかった(泣)。
G180710_31.jpg
どこが食べるべき屋台なのか、調べておくべし!

G180710_32.jpg

G180710_33.jpg

G180710_34.jpg

それでも一回りしてみると、どうやら、素直に値段に比例してるっぽい。
G180710_35.jpg

G180710_36.jpg

1袋5€のブロックをいたらきますた。ひとつひとつがけっこうデカくて、脂とろとろ、噛むとジューシー!ウマカッタ k_a019.gif
G180710_37.jpg
このあと、生ハムスライスを試食させてもらったのが、とっても美味しかったんだけど、1塊100€(1,4000円)もしたので、ビビッてやめますた。


そんなこんなで、まだ続く。ボケリア市場では味見だけで、夕飯はレストランに行きますよ。


旅のもくじはこちら↓
50代夫婦スペイン旅行もくじ―スリにサイフをスられたよー!(泣)

筑紫野の豪雨はこんなんですた

【近況報告】
週末の、西日本方面豪雨をご心配いただきありがとうございます。
福岡筑紫野在住のぎんたんち。家や町内は全然大丈夫だったのれすが、わたしは夕方4時過ぎ、ひざ下までの水をかき分けながら帰宅しますた。ちょっとした高低差で急流ができてる旧3号線交差点を渡るのがめっちゃコワかった!隣県まで通ってるにーちゃん@大4は、最寄駅で遅滞状況を確認してから自主休講(研究室の先生には連絡したんだろうね!)。真面目に行った友人たちは、JR不通でその日は帰って来れなかったそうな。博多駅近くで働くとーちゃんは、夜に雨が小康状態になってから、帰ってきますた。最寄り駅まで、ギリギリ電車が動いてて助かりますた。(うちの次から隣県までは不通)

わたしゃたいへん間抜けなことに携帯を家に忘れて行ったのれすが、ネットの海で画像を発見。
奥に見える信号のある交差点が渡ったとこ。 写真に映っていない、手前側の信号が渡ったとこだった。水位はもうちょっと低くて渋滞中。雨はざんざか大降りですた。
G180708_51.jpg

にーちゃんが通った小学校へ向かう道。
G180708_52.jpg
お住まいの近くの「大雨の時に冠水するところ」は皆さんご存知だと思うんだけど、それ以外の場所も、平時に歩いて高低差を感じておくのが有効じゃないかと思いまふ。


ぎんたんちの最寄川。氾濫セーフで助かりますた。「川の様子見に行ったらいけません」ってTVで言われてても、行っちゃった。だってココが切れたら、車を高いところに移動させたいし。
S_8222233528171.jpg

ジップロック越しで、ピンボケすみません。この川はさっきの高架下まで流れてて、おそらくそっちで切れたのでせう。もちろん、こんな小川が1本切れたくらいであんなに冠水しませんが、あっちでもこっちでも氾濫してたのら。
S_8222235620553.jpg


ぎんたも元気。
G180709_11.jpg

濡れたこともない坊ちゃん猫やもんねー。
G180709_12.jpg
まぁね k_k014.gif


こんな大冠水見たことないやん!と地元ママ友たちと大騒ぎしておりますたが、久留米や北九州、それから中国四国近畿地方の被害を知って、申す言葉もありません。早く水が引きますように。救助が早く届きますように。