ふたり旅のトラブルはやっぱりコミュニケーションが原因かと

2019年6月9日(日)4日目⑧ ラデュレ-マドレーヌ寺院-夕飯
オランジェリー美術館を出て、素敵ケーキ屋・ラデュレを目指して、歩いて来たけど
G190808_15.jpg

なんだか暗くて
G190808_19.jpg

あきらめますた。(詳細は →妹ちゃんのブログでも)
G190808_12.jpg


この日のスケジュールを復習すると
6:45 起床 マカロン2こずつ+コーヒー
10:00 モンマルトルへ。パンひとつずつ。エクレア半分こ。カフェでカフェオレ1杯。
モンマルトルの丘散策
モンマルトル美術館
12:00 パンとジュース(150ml)半分こ
13:15 凱旋門
15:45 オランジェリー美術館
17:00 ラデュレ

オランジェリー美術館のセルフカフェは、激混みで
G190807_23.jpg

ハラヘリMAXだったわたしはサンドイッチを食べたけど、妹ちゃんはジュースだけ飲んで、15分しないうちに「ミュージアムショップ見てくる」と、行っちゃった。
G190807_24.jpg

帰国後、コトの真相を知ったら、ほんとに心は20代だったらすい。
G190808_16.jpg
そんで、その後ラデュレに向かったけれど、あんなん↑なって、妹ちゃんは、わたし以上にヨレヨレだったと思いまふ。



ラデュレの向かいに人が群れてて、ナンダローって行ってみたら
G190808_21.jpg

なんともカラフル!インスタスポット!
G190808_22.jpg

日曜休みで、格子扉が閉まってるのがクヤチーったら!
G190808_23.jpg


マドレーヌ寺院も修復中。
G190808_24.jpg


このあたりは、フランスを代表するような名店が揃ってるんだけど、マスタードのマリーも、有名食料品店フォッションも、隣のお茶屋マリー・フレージュもお休みですた。日曜日のパリって容赦ない k_k010.gif 次は、こーゆー路面店をもっと巡りたいにゃー。 (全部ラファイエット・デパートで買えるけど)
G190808_28.jpg


夕飯は、昨夜と同じカフェに来た。
G190808_25.jpg
サーモンは悪くなかったけれど、冷凍食品1袋分はありそうなインゲンソテーにはビックリ。

妹ちゃんはステーキ。
G190808_26.jpg

ケーキがあきらめきれずに、デザートセットにしたけれど、ちょっとデカすぎお味は微妙。(変な時間にサンドイッチ食べたしにゃー)
G190808_27.jpg


海外旅行で、連れとケンカはしたくない
今思うと、予定通りにいかないときって自分の気持ちと相手への思いやりが混ざって、うまく決められないんじゃないかすら。
G190808_17.jpg
相手のことを勝手に思いやるより先に、自分の気持ちをハッキリ言えばヨカッタかも? それから、どうするかをふたりで考えるのら。と、色々好きに書いたけど、また妹ちゃんと旅行したーい k_k013.gif 好みは似てるし、安くつくし、心強いし、助け合えるし、ネタにできるし。 旅行はヤッパリ楽しいね!

50代主婦がふたりでパリ旅行! 2019 もくじ

G190617_27.jpg

50代主婦が姉妹(ふたり)でパリ旅行
ふたりでパリに行くのは、約25年ぶり!わたしたち、もう若くはないのよ…を、実感した旅。(※ふたごだから、年同じ。)
JALホームページから、航空券とホテルを個人手配しますた。

パリのプチホテル「オテル フランス ダンタン オペラ」日本語OK!
tbti2_80.jpg


1日目 2019/6/6 木 快晴 暑いくらい
① 福岡空港→東京・羽田空港→JAL045便パリ直行便 (主婦ふたりがアタフタしながら旅に出た)
② JAL045便 羽田発パリ直行便内 (JAL機内食はやっぱりウマイ)
③ シャルルドゴール空港で外貨引出し →ロワッシーバスでパリ オペラ地区へ
④ パリのホテル「フランス・ダンタン・オペラ」にチェックイン →スーパーで買ったお惣菜食べて寝た


2日目 2019/6/7 金 曇り時々雨強風 寒い寒い寒い! コート必須
① 部屋食→カフェ・フロールで2度目の朝食
② ロンシャン→ポワラーヌ(パン屋)→シャントリーブル(本屋)→不思議のメダイの聖母聖堂→ボン・マルシェ
③ タバコ屋カフェランチ→パトリック・ロジェ→コルメス・サン・タンドレ(パサージュ)
④ メトロ・オペラ駅前屋台でローランギャロス公式グッズ購入 
⑤ パリ・オペラ座見学 →スタバ・オペラ店 18世紀の豪華絢爛な貴族世界にタイムトラベル!
⑥ ビストロ・ヴィクトワール→ギャルリー・ヴィヴィエンヌ リーズナブルでおいしいディナー


3日目 2019/6/8 土 快晴 でも寒いー
① ルーブル美術館  (パリ ミュージアム パス 1つめ)
② ルーブル美術館で見た芸術作品ご紹介
③ コンシェルジェリー  (パリ ミュージアム パス 2つめ)
④ サント・シャペル (パリ ミュージアム パス 3つめ)
⑤ シテ島―ランチ・ノートルダム寺院(火災後で見学できず)・小鳥花市場
⑥ オルセー美術館 (パリ ミュージアム パス 4つめ)


4日目 2019/6/9 日 くもり時々晴れ。一瞬雨。時々冷たい風。
① マカロン朝食撮影会
② メトロ「Abbesses」近く ブーランジェリー 【Le Grenier à Pain】
③ モンマルトルの丘
④ モンマルトル美術館
⑤ 50代主婦パリ旅行 反省「こまめに休憩するべし!」
⑥ 凱旋門 → オランジェリー美術館(パリ ミュージアム パス 5つめ・6つめ)
⑦ パリでミュージアムパスは買うべきか? を検証してみた
⑧ ラデュレ→マドレーヌ寺院→夕飯


5日目 2019/6/10 月(祝) くもり時々晴れ。時々冷たい風。
① ホテル・ダンタン・オペラで朝食 コールドブッフェ12ユーロ(≒1500円)
② ホップオン・ホップオフ・バス【オープンツアーパリ OPEN TOUR PARIS】 その1
③ ホップオン・ホップオフ・バス【オープンツアーパリ OPEN TOUR PARIS】 その2


以下続く(予定)

パリでミュージアムパスは買うべきか? を検証してみた

パリで、パリ・ミュージアムパスは、買うべきか?

今回のパリ旅行では パリ・ ミュージアムパス 2日間 48€(≒6000円)を買いますた。連続した2日間、パリ市内や郊外にある約60ヶ所の美術館や博物館に入場できるフリーパス券。(※残念ながらノートルダム寺院は2019年4月の火災で当分クローズ。エッフェル塔とモンマルトル美術館はミュージアムパス対象外。)

<1日目>
ルーブル美術館(€15)
コンシェルジェリーサント・シャペル教会(セットで€15)
オルセー美術館(単独で€14)
<2日目>
凱旋門(€12)
オランジェリー美術館
(オルセー美術館とセットで€18だから+€4)
あわせて60€分まわって、見事に元は取りますた。

でも、けっこう疲れてヘトヘトだったので、「パスで、数まわってお得!」は若いひとたち向けの考え方だと思いまふ。
G190807_51.jpg
20代の頃のわたしたちは、こう↑だった。


今じゃ、こう↓。強行軍は、50代マダムにゃ向いてない。
G190725_15.jpg


それより、どの観光名所もチケット行列がスゴカッタので
G190807_03.jpg
↑凱旋門

↓オランジェリー美術館
G190807_22.jpg

↓サント・シャペル
G190717_24.jpg

「パスで、行列に並ぶ体力と時間を買う」と、思ったらイイんじゃないかすら。
G190717_13.jpg

そんで買った時間で、音声ガイドつきで展示をじっくり見たり
G190807_42.jpg

カフェでお茶したり、ごはん食べる時間を増やすのら。
G190807_46.jpg

結論:50代マダムは、ミュージアムパスで、時間と体力を買うべし!

何はともあれ、美術館巡りは楽しいにゃk_k013.gif
※イラスト使いまわしでごめんにゃさい。

凱旋門とオランジェリー美術館を駆け足で

2019年6月9日(日)4日目⑥ 凱旋門 → オランジェリー美術館

モンマルトルからメトロに乗って、凱旋門に 来ますたよ。
G190807_01.jpg

G190807_05.jpg

地下から入って
G190807_02.jpg

ぐるぐる階段上がって
G190807_04.jpg

凱旋門の屋上こんな
G190807_06.jpg

G190807_07.jpg

ナポレオン三世がパリ大改造で整備した大通りが、凱旋門を中心に放射状に伸びているのがよーく分かって楽しいの。
G190807_09.jpg


モンマルトルのサクレ・クール寺院があんなに遠い。さっきまであそこにいたのににゃー。
G190807_08.jpg

やっぱりステキなエッフェル塔。明日はあそこに登るのら。
G190807_10.jpg

ミュージアムショップもよかったけれど
G190807_12.jpg

エトワール凱旋門ヒストリー映像が、大変楽しゅうございますた。アナウンスはフランス語だけど、イラストとカンタン英語字幕で大体理解できたと思いまふ。
G190807_13.jpg


さらにメトロに乗って、お次はオランジェリー美術館
G190807_21.jpg

モネの『睡蓮』用美術館。
G190807_31.jpg

G190807_32.jpg

G190807_33.jpg

「睡蓮」は、いろんな美術館で見たけれど、こんなにたくさん、いろんな種類の睡蓮があるとは知りませんですた。
G190807_34.jpg
でも、実はわたし、睡蓮はそんなには…。

たぶん、青より赤が好き。マチスとか。
G190807_37.jpg


そしてやっぱり、モンマルトルの風景が目につくのら。
G190807_35.jpg

G190807_36.jpg



今振り返ったら、別行動してもヨカッタかも? と思うけど、あの時は「別行動しましょ」とは言えなかった。
G190807_45.jpg


その点、母は偉大ですたな。妹ちゃんと円満に別行動して
G190807_52.jpg

携帯電話もなかったのに、ちゃーんと合流。ごはんも食べてた強者ですた。
G190807_53.jpg



でも、書けた。読んでくれたら喜びまふ k_k002.gifk_a019.gif
本当は教えたくない!パリ観光の穴場スポット「モンマルトル美術館」
tbti2_81.jpg

50代主婦がふたりでパリ旅行!反省点「こまめに休憩するべし!」

大好きな モンマルトル美術館を、LINEトラベルに書きますた。

本当は教えたくない!パリ観光の穴場スポット「モンマルトル美術館」
tbti2_81.jpg
昨日UPされたので、読んでくれたら喜びまふ k_k002.gifk_a019.gif



モンマルトル美術館の中庭にある「ルノワール・カフェ」でお茶したかったけど、
G190805_44.jpg

妹ちゃんはあんまり興味がナッシング。
G190805_45.jpg

G190725_13.jpg
もっといたいとゴネてはみたが、確かに一雨来そうな雲行きですた。


さらば、モンマルトル。テルトル広場奥の階段を下って。
G190806_11.jpg

G190806_12.jpg

もひとつ下って。
G190806_13.jpg

G190806_14.jpg

石畳の路地を歩いて
G190806_15.jpg

メトロの駅に到着なのら。
G190806_17.jpg


このへんは、カフェや土産物屋がけっこうある。
G190725_14.jpg
お茶して行こうと誘ったけれど、妹ちゃんはすごーく先を急いでて、何気にスルーされちゃった。でもまぁ、モンマルトル美術館には午前中いっぱいつきあわせたし、ミュージアムパスも使わないとモッタイナイし、次は妹ちゃんにつきあいますか。と、思ったワタシが間違いですた。


次に行った凱旋門にはお茶するような場所はなくって、オランジェリー博物館に着いたときにはヘトヘトヨボヨボ。
G190725_15.jpg
てか、凱旋門は大きな幹線道路のど真ん中にあるから、お茶する場所がないのは分かっていたのに、わたしのバカバカ!もちろんそれは、妹ちゃんも知ってたはずなんだけど、そういえば、彼女は近年、父キングと行くリゾートや子連れ旅ばっかりで、自分のペースで行ける海外旅行は20年ぶり。ヨーロッパといえば、20代の頃の強行軍に心はスッカリ戻っていたと思わるる。去年、おととしとひとり旅して、50代の現実@体力視力の衰え を知ってたわたしが、疲れる前に休憩しようって、強く言い張るべきですた。 次回は、もっとこまめに休憩しようね?