ペットの供養どうしてる?

18才でお空へ旅立った、ぎんたの四十九日を迎えますた。
G201223_11.jpg

最後にもいちど
G201223_12.jpg

抱っこして
G201223_13.jpg

ペット霊園でお経をあげてもらった後
G201223_14.jpg

うちのお墓@人間の に入れますた。
G201223_15.jpg
そもそもはペット霊園で合祀する予定ですたが、ダメ元でお寺さんに聞いてみたら「積極的にどうぞとは言わないけど、厳禁ではない。けっこう入れてる方はいらっしゃる。」と言われたので、そうっとイン。うちの場合、先祖代々墓ではないので入れやすかった。ぎんたが来て、母はきっと喜んでいることでせう。いつかは父が、そんでわたしや夫も入る予定。


ぎんたは、位牌になって戻ってきますた。(黒壇はお雛様から借りてまふ)
G201223_16.jpg

仏具は「お仏壇のはせがわ」で。
G201223_17.jpg

中洲川端の店舗に、ペット用の展示も色々あった。
G201223_18.jpg

位牌にあわせたミニサイズ。
G201223_19.jpg
大変かわいくできますた k_k013.gif
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ぎんちゃん
ずーっと、ご家族と一緒にいられるのですね。
なんだかじんわり。

元気なときのぎんちゃんのブログ、楽しみにしていますよ。

お返事書いたよ

sighさん
「ペットも家族」な時代でよかったです。母もぎんたをかわいがってくれてたので喜んでると思います。(旅行の時とか預けてた)

>元気なときのぎんちゃんのブログ、楽しみにしていますよ。
ありがとうございます。
意外と枚数あった上、以前ならボツにしてたピンボケ写真も記事化してるので来年も続きます。どうぞおつきあいいただけたら嬉しいです。

No title

ご無沙汰しております。
キューのにゃんでい のおかんです。
あの、カーテンボロボロのおかんです。

久しぶりにぎんちゃんに会いたくて訪問させていただいたら…

キューも 一昨年の12月に亡くなりました。
9歳でした。
まだまだ恋しく悲しく涙する日々です。
後悔と、葛藤と、悲しみと、恋しさが溢れる毎日です。

我が家はキューのお骨はおうちにあります。
納骨できずにいます。

ぎんちゃんのご冥福をお祈りいたします。

お返事遅くなってごめんにゃさい(。-人-。)

キュー♡のにゃんでいのおかあさん
あら!まぁ!お久しぶりです!
キューちゃんもまぁ(T_T) 9才って、まだ若いのに。でも、うちの実家のにゃんたは8才だったし、ぎんたは18年も一緒にいれたけど、もっと一緒にいたかったです。さみしいですね。しくしく。ご冥福をお祈りいたします。