ねこ(18才糖尿病)が痙攣して死を覚悟したけど、持ち直した経過 もくじ

おかげさまで、復活しますた。
G200921_11.jpg
ちょっとヨボヨボしてるけど、ごはんもおやつも食欲旺盛、おむつもとれて、押し入れに上れるようになりますた。18才で糖尿病持ちのねこ@メインクーン が痙攣を起こした上、何度も低血糖で意識を失ったけどいつもの日常を取り戻せた例が、誰かの参考になれば幸いれす。


【ねこ(18才糖尿病)が痙攣して死を覚悟したけど、持ち直して来た経過】 2020年9月

①【金曜日夜】けいれん発作
②【土曜日】動物病院へ。てんかん?
③【日曜日】意識失う。低血糖。
④【月曜日】元気回復してきた。
⑤【火曜日】2回意識失って病院へ。低血糖。入院。
⑥【水曜日】入院して血糖値管理→退院
⑦【木曜日】家でのんびり。
⑧【金曜日】ひとりで留守番


過去の病気もまとめておきまふ。
【糖尿病猫にインスリン】 2015年7月 ねこ13才
2020年9月現在、毎日インスリン注射続けていまふ。ずっと安定してて、帰省の時など2日くらいパスしても大丈夫ですたが、これからは厳しいカモ。

ねこの糖尿病 インシュリン注射で血糖値コントロールはじめました
糖尿病のねこに インシュリンを注射してみる
糖尿病のねこ インスリン注射の費用はどれくらいかかるの?
糖尿病のねこの軟便・血便はストレスが原因なのか!?
ねこの血便のストレス源は工事の騒音だったのか?
猫に嫌われない!むしろ好かれる!インスリン注射を打つコツ
ねこが「あなたを見つめてうるうる」するようになる秘訣
糖尿病のねこの症状-血便落ち着きますた


【オスねこ膀胱炎】 2015年7月 ねこ13才

膀胱炎や尿路結石はオスねこありがち
◆ 血尿デター!!! 尿路結石? 膀胱炎? ねこの病気 はじめの症状を紹介してみる
◆ねこの膀胱炎がなかなか治らないのですが…
◆オコション? ねこは抗議の手段としておしっこするのか否か
◆ねこが膀胱炎になったとき 飼い主が直面する3つの問題
◆膀胱炎のねこに効果あり!! スグに作れるかんたんトイレ
◆膀胱炎にかかってるねこは これくらいの感じで やつれます
◆ねことの暮らしの醍醐味は 何もない日がいちばんなのら


【ねこが吐く食べない飲まない原因は毛玉でした】 2012年 ねこ9才

この頃は違う病院
はじめ 『ねこが食べない飲まないって どれくらい大丈夫?』 [2012/06/11朝]
病院で点滴 『点滴しました モンプチすこしだけ食べました』 [2012/06/11夜]
毛玉を吐いた 『症状は"食べない"だけに落ち着きました(。-人-。)』 [2012/06/12朝]
スッキリンを食べさせる 『表情はよくなった気がする でも食べない』 [2012/06/12夜]
食べた!『食べましたぁ(*・ω・*) 5日絶食絶飲してました の巻』 [2012/06/13朝]
その夜 『今夜はぐっすり眠れそう てか もう眠たい の巻』 [2012/06/13夜]
小康状態『梅雨の晴れ間も今日で終わりなんだって』 [2012/06/14]
原因は毛玉と判明) 『ねこが吐く食べない飲まない原因は毛玉でした』 [2012/06/19]
2つめの病院の様子 『手も足も押さえつけられて 無理やり突っ込まれて…ああん の巻』

とーちゃんの様子(おまけ) 『毎日同じ時間に更新続けるって ほんと大変 の巻』 [2012/06/16]
ぎんたの様子(おまけ)『平清盛感想です 第23回「叔父を斬る」』[2012/6/17]
ぎんたの感想(おまけ)『平清盛感想です 第24回「清盛の大一番」』 [2012/06/18]


【その他】

色々ごちゃまぜ
◆『ニャンとも清潔トイレで ばっちり血尿対策にゃう(≧ω≦)b』の巻
◆『ねこの毛玉ケア ラキサトーンで明日はスッキリ』の巻
◆『ねこの毛玉ケア ラキサトーン 口をこじあけて上あごにべったり(≧ω≦)b』 の巻
◆ラキサトーンは猫の腹にたまった毛玉(毛球)を出すグレモノのお薬なのら



やっぱり順位が上がると嬉しいれす k_k002.gif

ペット(猫)ランキング
関連記事

コメント

非公開コメント

ぎんたちゃん、復活したようでよかったです(>_<)
もう押し入れに登れるなんて、すごい回復力!
けいさんやご家族みなさんの愛の力も大きいと思います(*´-`)
病状の詳細や記録など、同じ糖尿病の子をもつ飼い主にとって励みになりますし、とても参考になります。ありがとうございます。
うちの子も今はインスリンの量を調整中で、闘病生活は長くなりますが、がんばります!!

No title

初コメです。
おにいちゃんが剣道少年の頃からブログチェックしてました。
お嫁さんもらうってのがびっくりです。
おめでとうございます♪

ぎんちゃん、もちなおして良かったです。
親戚の家の猫は23年生きました。
後半は耳が遠くなったようで鳴き声が大きかったけど。。。💦

うちも猫が3匹、、いつかくるであろう時を覚悟しつつ
ねっとりと、かわいかわいい♡で
こねくりまわそうと思います。

No title

ぎんちゃん、玄関までお迎えに出られるようになって、もう、涙が出そう。よかったですね。
家族の皆さんの熱い気持ちが回復への力になったのですね。
これからもブログ、楽しみにしています。
ほんとに、よかった。

No title

ぎんたくん、目ヂカラもあるし、元気になってほんとよかったです☆
食欲旺盛なのも、嬉しいですね♪
ご家族の愛情がぎんたくんの元気の源ですね(=^・^=)
もっともっと元気で長生きしてね!

お返事書いたよ

saomocoさま
コメントありがとうございます。
インスリン調整中なんですね。よい数値が決まりますように。
決まったら穏やかですよー。

hikoさま
剣道少年のころからって!長い間ありがとうございます。
23才のねこちゃん、ぜひあやかりたいです。
ぎんたも、このごろ耳聞こえてないと思います。
うちも、ぎんたをかわいいかわいいしてますよー。

sighさん
ありがとうございます。
玄関お迎えは「おかえり」じゃなくて「ごはんごはんごはん」なんですが、嬉しかったです。ほっとしました。

ミルキーとらじろう飼い主さん
わー、コメントはお久しぶりです。
また遊びにいきますね。