パリミュージアムパスで入れるコンシェルジェリーは行列なしの穴場スポット!

2019年6月8日(土)3日目③ パリ・ミュージアム・パス「2つめ」 コンシェルジェリー

パリ・ミュージアム・パスで見る「2つめ」の名所は コンシェルジェリー。昔は宮殿だったけど、フランス革命時期に拘置所として使われて、マリー・アントワネットも処刑までの日々をここで過ごしたそうな。わたしは行くのは初めてで、今日も先導は妹ちゃん。パリの美術館やシテ島は妹ちゃんのお得意コース。独身時代から、母と通ったパリなのら。
G190711_13.jpg
育ち上った娘とパリ旅行だなんて、母はどんなに楽しかったことでせう。(※そのころわたしは腹ボテだったか子育て中。うちのにーちゃんと甥っ子かめろくくんとの歳の差は4つなので、その期間。)


メトロで「ポンヌフ PONT-NEUF」駅へまで行って、橋を渡ってシテ島へ。
G190711_21.jpg

お空は青いがめっぽう寒い。だけど晴れててウレチイナー。
G190711_22.jpg

セーヌ川沿いの道を、コンシェルジェリーに沿って、てくてく歩いて行きますた。
G190711_231.jpg

G190711_11.jpg


さぁ、到着。行列ナシで、すんなり入場。
G190711_24.jpg

入るといきなり、なーんもない、がらんどうの地下室「衛兵の間」。
G190711_31.jpg

窓はあるけど、けっこう暗い。
G190711_32.jpg

食堂の窓はちょっとイイ感じ?
G190711_33.jpg


看守室や独房が再現されてるスペース
G190711_35.jpg

G190711_36.jpg

G190711_37.jpg


本みたいだけど、でっかいノート!裁判記録とかかすら? 映画とかで見たことあるけど、ほんとに、こんな大きなノートなのね。きっと羽ペンとかで書いたのね。
G190711_38.jpg


奥にはマリーアントワネットの房が再現されてたと聞いて楽しみにしてたんだけど、なにせ昔のコトなので、展示替えがあってて残念無念。(→詳細は妹ちゃんのブログで
G190711_12.jpg

実写はこちら。
G190711_40.jpg

案内人は仏語だったので何気にスルーしちゃったけど、今思えば日本語ガイドを借りて、映画を見ればヨカッタにゃー。
G190711_39.jpg


幽閉中のマリー・アントワネットが、唯一散歩を許されたという中庭。建物に取り囲まれて、空がちょっとしか見えないYO。
G190711_41.jpg

独房方面にも入れて
G190711_42.jpg

小さな礼拝堂や展示も見たけど(詳細は →妹ちゃんのブログで)
G190711_43.jpg

「マリー・アントワネットがここにいた」って感じは、あんまりしなくって。
G190711_45.jpg


やっぱりわたしも、再現独房見たかった…。
G190711_15.jpg
やっぱ、みんなそう思うから、行列なかったのかにゃー? とはいえ、歴史的な場所だし、規模が小さいからサクッと回れるし、人混みもないし、売店はちゃんとあったし、ミュージアム・パスで回るのによい場所じゃないかと思いまふ。
関連記事