NYでは、モノ買うだけで18%のチップはフツーのこと?

2018年10月12日(金)3日目④ ニューヨークのSOHOをぶらぶら歩いてお買い物

80年代に青春を過ごした身としては、ニューヨークといえばSOHOだよね? キャスト・アイアン建築がずらりと並ぶ通り(ストリート)を、オサレな路面店で買物しながら巡りたい。キャスト・アイアン建築っていうのは、19世紀ごろに建てられた古いビル。デコラティブなファザード(前面の飾り)と高い窓が特徴で、外壁に取り付けられた、はしごみたいな非常階段が素敵なの。同世代のあにゃたなら、映画プリティ・ウーマンでリチャード・ギアが花束抱えて、へっぴり腰で上がる姿を覚えてる?

ワールド・トレード・センターから地下鉄1本。カナルストリートで降りたら、でっかい道路が走ってて、ここがどこだか右も左も分かんない。。。
G191010_21.jpg


40分ほど彷徨いますたが、なんとかそれらしいエリアに来れますた。ほらほら、アレが外階段!
G191010_31.jpg

SOHO来れたよ。るんるんるーん。
G191010_32.jpg

G191010_33.jpg

G191010_342.jpg
最初の目的地は、MARIE BELLE(マリベル)。ガイドブックで見つけたおされチョコレート屋。ここの目玉商品は、ニューヨークアイコンがプリントされたチョコレート。ブログネタにも、おみやげにもいいんじゃなないかすら? と、ウキウキですたが…。

G191010_35.jpg
素敵なショーウィンドウ脇のドアを開けると、目の前にでっかい段ボールが3つも4つも積んであって、「ここは倉庫か!?」というのが第一印象k_a007.gif「いやいや、お店ですよ、ようこそ。」と誘われ奥へと進んだら、中はオサレなチョコ空間。ガラスケースに並んだ高級チョコレートは1つから買えてk_a040.gif、試食もできるk_a040.gif。極薄スライス状のミルクチョコがおいちーいk_a040.gif ところが、ニューヨークアイコンつきチョコは9こ入りの箱売り$33だけですたk_a007.gif しょうがないから妹ちゃん土産に箱入りを奮発、わたしには美味しい薄チョコ、会社土産に板チョコをチョイスして、カードを出したら画面にチップの文字が 0% 18% 25% と並んでる!!! えーーー!ニューヨークでは、店でモノ買うだけでもチップを払わなくちゃなの!?k_k010.gif レストランやホテルやタクシーだけじゃなくって!? しかも18%からってナニー!!! ここで0%を押す勇気は、わたしにゃなかったk_a032.gif 買物すんだら、奥の喫茶室でチョコレート飲もうと思ってたけど、恐れをなして退散しますた。えーんえん。

そういえば、カップケーキ屋でもチップ画面が出てきたけれど、$1.50とかのカワイイ数字だったよ? 次の店では、絶対現金で払うから! 


G191010_36.jpg
HARNEY & SONS(ハーニー&サンズ)
ここもガイドブックで見つけた、おされ紅茶屋。でも、チョコレート屋のショックが尾を引いて、買いたいものが選べない。レジで「サーティー」と言われて財布を開いたところで、現金は20ドルしか入れてなかったことを思い出したk_a032.gif カッコわるわるだけど、「えーっと、トイレある?」って聞いたら、「奥にどうぞ」と快く教えてくれますた。トイレで、腹に仕込んだセフティーバッグから現金ひっぱりだして払いに行ったら「サーティーン」。わたしってば、13ドルを30ドルと聞き間違えてたのね。今度はチップも要求されなかったし、カワイイ缶の紅茶はおいしかったし、もっと買ってくればよかった。えーんえん。

これで13ドル99セント。
G190111_21.jpg



McJ-BOOKS(マクナリー・ジャクソン)ステキ本屋。
G191010_37.jpg

英語本は読めないけれど、表紙を見てるだけでも楽しいの。
G191010_38.jpg

併設カフェで、ひとやすみ。つくりつけのカターい木のいすや、パタンと開くテーブルが図書館みたいで、たいへん落ち着く空間ですた。
G191010_39.jpg

まぁ、味はそれなり。
G191010_40.jpg
あんまりスパイスの香りがしないアップルシナモンティーを飲みつつ、ひとり反省会。
①方向音痴をなんとかしないと
東とか南とか言われてイヤなんだけど(右とか後ろとか言ってほしい)、グーグルの音声ナビで練習してみるか。

②モノ買うだけでチップ(18%)は必要だったのか?
もしかしたら、あのチップはお茶した人用で、買うだけだったらチップは0でもヨカッタのカモ? レシートをよく見てみると、チョコレート代金は69ドルで、税金6.12ドル+チップが13.52ドル。合計88.64ドル。チップって、税金入れて計算するのね!k_k007.gif  後日1万189円の請求がきますたよ k_a034.gif


1万189円のチョコレートの内訳こんな。下に敷いた茶色いオサレ紙も、バラの花びら(ニセモノ)も、一緒に袋に入ってた。食べれもしないモノ入れて、これが高いチップの秘密か? ぷんぷんぷん。
G191010_413.jpg

ニューヨークアイコンチョコ。そりゃかわいいけどさー。4500円(33ドル+税金・チップで40ドル×115円)出して食べたいかと言われたら…。あぁ、その昔、妹ちゃんからもらったパリ土産のメゾン・ド・ショコラのチョコレートも、きっと高かったよね。あれも正直言うとあんまりごにょごにょだったし、わたしゃ高級チョコレートは好みじゃないのかも。
G191010_42.jpg

極薄ミルクチョコはおいちかった!
G191010_43.jpg
でも、まあ、こーゆーことは、行ってみないとわかんないしね。知らない町をビクビク歩いて、初体験を積み重ねるのも、旅の醍醐味!でも、もっともっとスキルを上げて、英語で気楽にモノを尋ねたり、地図見て迷わず歩けるようになりたいにゃー。



旅のもくじはこちら

50代主婦 ニューヨーク4泊6日ひとり旅2018.10 もくじ k_k002.gif
関連記事