タイムズスクエアのスタバに寄って、アラジン(ミュージカル)観劇

2018年10月11日(木)2日目⑥ 迷子になりつつ、タイムズスクエアのスタバ、アラジン(ミュージカル)


さて、次の予定は 夜7時開演 アラジン・ミュージカル。 一旦YMCAに帰るか悩んだけれど、それって歩行距離が伸びるだけじゃない?ということで、劇場近くにあるタイムズスクエアのスタバで限定ポット@夫リクエスト を買って、シティ・キッチン(フードコート)でロブスターロールを食べてくことに決めますた。
G181228_152.jpg

自然史博物館前から地下鉄に乗って、降りたら土砂降り!8thAvで地上に出て、隣の7thAvに行くつもりが、なぜか反対側の10thAvまで2ブロックも歩いちゃったk_k010.gif そんで、元の地下鉄駅まで戻ったけれど、タイムズスクエアがどっちにあるのか全然分からない。NYは碁盤の目のように道が交差してるんだけど、ちょうどタイムズスクエアあたりは斜めに道が走ってて、方向音痴(ヒドイ)のわたしにゃお手上げなのら。東西南北が分からないので、北を指し続けるグーグルマップの位置情報を見ても、今いる場所がつかめない。画面をまわして、自分の進行方向に合わせたいのに、勝手に北を目指して動くグーグルマップのバカバカバカ!いや、バカはわたしかk_a032.gif タイムズスクエアには昨日も来たんだから、その時買っとくべきだったのよよよ。と、半泣きしながら、たどり着いた、タイムズスクエアのスターバックス!k_a040.gif 結局、最後に頼りになったのは紙の地図。そして、地図より目的地の住所が必要ですた。(NYの住所は56st.6av.のようにストリートとアベニュー番号で構成されてて、すべての道に番号表示されてるから)
G181226_61.jpg
目当ての限定品もあってヨカッター!k_k013.gif

G181226_62.jpg

シティ・キッチンまでたどり着く自信が喪失したので、もうここで、チャイティーラテとマフィンを立ち食い(机・椅子がない店だった)。
G181226_63.jpg
注文する時、店員さんの言ってることがサッパリわかんなかったんだけど、後ろの黒人男性が「ホットかアイスかってことだよ」って教えてくれますた。やさしー!そして、更に受け取りエリアで「キイコ!キイコ!」と呼ばれてて、もしやと思ったらわたしのことですた。外国のスタバで名前で呼ばれたことは何度かあるけど、ここでは名前聞かれてないし!たぶんクレジットカード情報から勝手に入力したんだと思うけど、名前の綴りも違ってるし! でも、腹は膨れたのでヨシ。
ちなみに、外国で名前聞かれたときは「ケイ」とだけ言ってまふ。綴りは言われるままに「YES」と言っとく。「KAY」と書かれることが多いかにゃー。


その後も、また迷いつつアラジン劇場へ。スタバで助けてもらって、NYの人って優しいわーっとか思ってたら、信号待ちのアーケードで「(水滴が落ちるから)傘たためよ」とキレてるヒトと、「よけりゃーいいだろ!」って言い返してるヒトを見た。まー、どんな街でも、いろんな人がいるわなぁ。
G181226_64.jpg

そんな浮世を、一時(いっとき)忘れさせてくれるのがミュージカル!
G181226_65.jpg

クラッシックな劇場は、まるで異世界!
G181226_66.jpg

幕が上がる前からワクワクなのら。
G181226_67.jpg

Gは7列目。ダンスはもちろん、役者さんの表情までよーく見えて、迫力満点ですた。しかし、そんなにイイ席なのに、時折睡魔が襲って来て…。ディスカウントとはいえ高い金(手数料込みで92.10ドル 10,586円)払って見てるんだから一瞬だって見逃したくないのに、何度か意識喪失しちゃってた。特に語りシーンがやばい。踊りも歌も衣装も舞台も素晴らしいし、台詞も少なくともレ・ミゼラブルよりはけっこう聞き取れるというのに、眠くなるとは残念至極。歩き疲れと睡眠不足が諸悪の根源かすら。旅先ではあったかくして、スケジュールには、もっーーと余裕をもつべし。と、書いておく。
G181226_681.jpg

帰りは迷うことなく地下鉄で帰れたYO!「22:00過ぎてもYMCAあたりの治安は問題ナシ」とフロントで聞いとりましたが、人通りもあって中年女がひとりで歩いても怖くなかった。疲れ果てて、ぱたんきゅうと眠れて、2日目はこれにて終了。



旅のもくじはこちら

50代主婦 ニューヨーク4泊6日ひとり旅2018.10 もくじ k_k002.gif
関連記事