生ハム博物館って名前の気軽な立ち食い屋さんで晩御飯

2018年5月20日(日)5日目④ 生ハム博物館って名前の立ち食い屋さんで晩御飯


旅の後半、けっこう疲れて、写真ナシで申し訳ない。トレドツアーが解散してから、日曜日も空いてるエル・コルテ・イングレスって大きなデパートで、お土産買ったりロンシャン買ったりしますたよ。
息子への土産を探しにトーマス・サボ@アクセサリーショップ に行ったら、売り場のひとはスペイン語しか話せないからって、英語を話せる人が呼ばれて、更に日本語がしゃべれる人まで、来てくれた!英語ダメなひとも、ジェスチャーで色々通じるし、フレンドリーで親切ですっごい優しいの。スペイン、すっかり好きになっちゃった。



さて、夕飯。
G180806_11.jpg


マドリードを歩いてると、あちこちで見かけるこの店↓
G180806_12.jpg

Museo del Jamón(生ハム博物館)ってチェーン店。
G180806_13.jpg

2Fはレストランで、1Fは気軽な立ち食いスペース。
G180806_14.jpg

生ハムサンドと飲み物セットが、たった€2(280円)。ビールもコーラも同じ値段。
G180806_15.jpg
パンはご想像の通りカタイけど、クロワッサンサンド€2.00@単品は、やわらかウマー!
ポテチ€0.8(110円)が、固くてめっちゃウマカッタ!

持ち帰り用の、生ハムブロック!
G180806_16.jpg

素人向けにスライスされた真空パックも揃ってる。
G180806_17.jpg
※残念ながら日本には持ち帰れませんxxx


夜9時なのに、まだまだ明るいマドリード。5月は、スペイン旅行に最適なシーズンじゃないかと思いまふ。
G180806_18.jpg


旅のもくじはこちら↓
50代夫婦スペイン旅行もくじ―スリにサイフをスられたよー!(泣)
関連記事