海外旅行スリ対策―「被害を最小限に」心がけるべし

2018年5月、スペインのバルセロナ・サンツ駅で、財布をスられますた。 日本でも海外でも、初めてのスリ体験。スペインはスリが多いって聞いてたし、もちろん注意はしていたけれど、スられた時には気づかなかった。
どんな風にスられるの?
スリにあったらどうしたらいいの?
そもそも、スリにあわないためには?
スリ被害にあった経験を忘れないうちに、スリ未経験のみなさまに、わたしなりの海外旅行でのスリ対策をお伝えするのら。

1)スリにどんな風にスられるの?
2)財布をスられたら、まずはカードを止めなくちゃ!
3)警察に届けるのは、落ち着いてからでOK。
4)「絶対スリにあわない」はムリ!「被害を最小限に」心がけるべし。
←今ココ



実際にスリ被害にあって分かったことは、気をつけてても、あの手この手で仕事するのが、プロのスリ。
ぎんたんちの結論は
4)「絶対スリにあわない」はムリ!「被害を最小限に」心がけるべし。


というわけで、スリ対策の基本のキは、
→大事なものは持ってこない!
いくらスリ対策してても、バッグごと強奪や置引されたら、どーしよーもナッシング。今回はサイフだけですんだけど、パソコンの入ったバッグを持っていかれてたらと思うとゾーッとするのら。

日本の保険証や会社IDカード、運転免許証は家に置いていきたいけど、ぎんたのとーちゃん帰国後まっすぐ出社で、必要ですと。ホテルについたらパスポートと一緒にセーフティボックスへ。どーしても持たなきゃいけないときは、セキュリティポーチで厳重保管。
G180606_12.jpg
わたしが愛用してるのは、服の下につけるタイプ。ブラトップに通して、内側から腹にインして肩凝り知らず。

それから、
「スリは後ろから来る」はホントだった。
→バッグは必ず前に抱えて持つべし。
→時々後ろを振り返って警戒する(警戒してることをアピールする)のは有効かも。でも、スリにあってからは、ひとり歩きしている若者が全員スリに見えちゃった k_k012.gif


「小さなバッグから取り出しやすいのはスリも同じ」
→面倒がらずに、財布はバッグの奥にしまうべし。


→「貴重品は分けて持つべし」
財布、スマホ、パスポートは一緒にしちゃダメ!
バッグごと持って行かれても途方にくれないように、わたしゃ日本円2-3万と予備カードを1枚、セキュリティポーチにセットしておりまする。



それから、マドリッド警察署の待合室で、スリ被害者たちから聞いた生の声を紹介しませう。
「海外旅行では、命の次に大事なものはパスポート」
パスポートを失くしたら、警察で盗難届を出した上に、日本大使館でパスポートの再発行か、日本への渡航証明書?を発行してもらわないと、日本に帰ることすらできません。大使館は土日休みなので、最悪、帰りのチケット取り直しなんてことも…!?

米国人の4人家族は、高校生くらいの息子のパスポートだけをとられたそうな。社会経験の少ない子どもは、ガードが甘め。ひとりで手続きできない子ども(おとなでも)ひとり外国に置いて帰れないので、家族旅行ならパスポートはまとめてお母さん(というか家族で一番適した人)が管理するのがイイんじゃないかすら?または父母で分けて持つとか。

ちなみにパスポートは、出入国時のほかに、免税店や両替店、ホテルのチェックインで提示を求められることがありますが、たいていコピーでイケまする。わたしの経験では、パリ・ロンドン・ローマ・マドリッドのデパートでは、コピーで免税手続きできますた。台北の百貨店でだけ、原本が必要であきらめた。タイの銀行ではパスポート原本が必要だったけど、町中の両替店やホテルのロビーではコピーで両替してくれた。パスポートはカラーコピーを持ち歩くべし。


「スマホはいつも狙われてる!?」
グーグルマップで道や交通手段を調べたり、LINEで同行者や日本の家族に連絡したり。今やスマホは、海外旅行で、なくてはならないツール。わたしもスリにあったと分かってスグに、日本にいる妹ちゃんにLINEして、カードを止めてもらいますた。カリフォルニアから来た青年は、サイフとスマホをいっぺんに盗られて、連絡もできないと嘆いてた。

「パリの路上で手に持っていたスマホをひったくられた」とコメントいただいたこともあったし、
バルセロナのレストランのテラス席で、机の上に置いてたスマをを持ち逃げされたのも目撃しますた。すぐに持主の若い男子とウエイターが2-3人追いかけたけど、逃げられてた。海外でi-phoneは高値の花の贅沢品だし、アンドロイドはSIMカードを差し替えてすぐに使える便利品。 日本では考えられないくらい、ものすっごい狙われてる!

歩きスマホは厳禁、外で使う時は上方を囲んで持つ、チェーンなどつけるのも有効かも?
つまりは「警戒してますよ」アピールをしてればいいと思うんだけど、心掛けてたはずなのに、今回ヤられちゃったんだから、なんともはや。スリ対策に100%はないと、肝に銘じて行きたいと思いまふ。



カードを止めてくれた妹ちゃんと、フランス料理いたらきますた。詳細は妹ちゃんのブログでどうぞ。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

パスポートは命の次…初めて海外行った時、現地の添乗員さんがそう言ってました。
で、そのパスポートは持ち歩くかホテルの金庫に入れるかですが、カラーコピーでいけるなら、金庫の方が安全そう~?
スリに持っていかれたらおしまいですものね!

スマホは昔のケータイみたいに首にストラップで下げておくのがいいのかも。

こんにちは

いつの間にかすられてますからね。
気をつけてても巧妙にやってくるから、防衛するのも大変だろうねぇ。
貴重品(財布や携帯など)はあんがいカバンやポケットに入れるよりも、首にかけたり靴の中に隠しておくってのがあんがい防衛策だったりしそうだね(・。・)
しかし、これでも運が悪けりゃすられたりするんだろうなぁ~。
海外旅行時は常に貴重品の警戒だね(>0<)

No title

ひゃ〜(^_^;) いかに日本が治安が良いかと思い知らされますね。
私、ヨーロッパは行ったことがないのです。子どもが手離れたらスペイン行きたいなぁ、と思っていますが、気をつけなくちゃだわ。
けいさんのレポ、超役立ちそうです。

No title

海外でのアクシデント、予備知識があっても怖いですね
でも、お怪我が無くて本当に良かったです
パスポートもカードももちろん大事だけど、命が一番ですからね
日本人は特にガードが甘いから、カモになることが多いとか…

けいさんのレポ、しっかり読んで勉強します

フレンチ、美味しそうでしたね~
美人双子姉妹のお客様で、お店の方がビックリしてたのでは?



お返事書いたよ

いけかなさん
>パスポートは命の次…初めて海外行った時、現地の添乗員さんがそう言ってました。
わたしも、初めて海外行ったとき、添乗員さんから聞きますた。

よしおさん
>貴重品(財布や携帯など)はあんがいカバンやポケットに入れるよりも、首にかけたり靴の中に隠しておくってのがあんがい防衛策だったりしそうだね(・。・)
靴の中かぁ…。ムレそう(;'∀')

ぐりこさん
>私、ヨーロッパは行ったことがないのです。子どもが手離れたらスペイン行きたいなぁ、と思っていますが、気をつけなくちゃだわ。
気を付けていってらっしゃーい!スリさえ気をつければ、スペインは楽しかったですよー。

hanaさん
>パスポートもカードももちろん大事だけど、命が一番ですからね
ほんと、けがや病気じゃなくてヨカッタれす。