霧のドライブ 阿蘇「的石」を見てたのら

ぎんたんち@福岡の週末、お天気荒れ模様
土曜日は大雨大風ビュービュー吹いて最高気温は19℃
日曜日は気温急落、最高気温5℃の予報ですたが
とーちゃんに連れられてドライブ なのら
G160215_10.jpg


大嘘ですた k_a032.gif
G160215_11.jpg

阿蘇ドライブロードは霧だらけ
G160215_123.jpg



jyusiline1.gif
この先に連れて行きたかったとに k_k008.gif
G160215_14.jpg
緑が生えそろったころにリベンジやねk_k012.gif


人気ブログランキングtouka130_10.gif にほんブログ村
jyusiline1.gif



でも、そんな予感はしてたよね?
G160215_13.jpg


代わりといってはナンですが
阿蘇に伝わる神話のひとつ 「的石まといし」ってのを、見てきますた。
てか、たまたま通っただけなんだけど。
G160215_15.jpg

阿蘇の開拓神「健磐龍命(たけいわたつのみこと)」が
北外輪山(がいりんざん)の麓にあるこの岩を的にして矢を射っていたという伝説が残る磐。
矢が当たった勢いで磐がくるりと回って、穴は北側を向いているとか。

つまりは、神さまの矢の稽古場ってわけですな。
G160215_16.jpg
伝説はもひとつありまして。
鬼八(きはち)という足の速い男が命の稽古に付きあわされて
的岩から10km離れた往生岳の上から放たれた矢を拾いに走って、99回お戻ししたけど
100回目に疲れ果てて矢を蹴り返したら、それが命の腿に当たったそうな。
命は怒って鬼八の首を刎ねたとか。




神話の神さまって、ほんとヒドイk_k010.gif

人気ブログランキングtouka130_10.gif


にほんブログ村
古事記とか日本書紀とか
関連記事