本日バカ親日記につき / 山本文緒「なぎさ」感想アリ

ぎんたのかーちゃん 弱り気味
パソコン画面を 長時間 見てらないので ブログ活動縮小ちう

久しぶりに行った眼科で 3時間 待ちますた
早退して2時半に行ったのに 診察の順番がまわってきたのが 5時半
時間をおいて3回洗ってもらって 終わったのは7時ですた
近所の フツーのかかりつけ病院だったのに
いつの間に あんな人気に なったのかすら…


うちに帰ったら
G140830_21.jpg

ごはんが できてた
G140830_22.jpg


maru-line-aokei300.gif

 Oh, My sweet boy!

G140830_23.jpg

にーちゃんったら k_k013.gifk_a019.gif

maru-line-aokei300.gif



ほんと ねこって 役に立たない
G140830_24.jpg
基本カワイイだけが取り柄ですが
箱で 顔がつぶれてカワイクもないったらk_k008.gif


どうぞ ぽちっと押してって↓

人気ブログランキングtouka130_10.gif


にほんブログ村


山本文緒『なぎさ』感想は 続きを読むで

山本文緒『なぎさ』 読みますた

ネタばれ ありあり
あらすじナシの 長文感想
たれ流しで ごめんなすって

G140830_25.jpg

山本文緒は 心を描く作家なのだと 思うのら
「パイナップルの彼方」 「あなたには帰る家がある」 「ブルーもしくはブルー」
わたしが 心の裏側に隠して見ないようにしていた気持ちを
白日の下に晒されてしまうので
痛くて 切なくて 苦しくて もう読みたくないと思うのに
どんどん 頁を繰ってしまう

山本文緒って こんな物語を こんなにも真っ直ぐ よく書けるわと思ってたら
案の定 鬱っちゃって…(クスリじゃないだけ マシなのか?)
でも 今回15年ぶりの 長編 (それも連載!)で
まっとうな希望を感じさせる結末を 読めたのが 嬉しい

結局 自分の人生 自分で やってくしかないんだし
その気になれば 
続けることも
壊すことも
やり直すことも
できるんだと


それにしても
なんでも持ってるように見えた主人公の妹 菫が
主人公と おんなじ闇を 背負っていて
しかもその闇は さらに深かったかもしれないという
姉妹の葛藤にガクブルな わたしはふたり姉妹の姉
えーと わたしたちも 「一緒に背負って行こう」ね?
できる範囲で (自分が)潰れないように

それから
最後の モリの姿は唐突過ぎて 驚いたけど
その姿をあえて付け加えたことで
山本文緒は 欝から 再生したのだなぁと
鬱って 乗り越えることができるんだと 感動しますた

結局
主人公は 真の敵と 対決したけれど
わたしは わたしの それと
戦おうか
やり過ごそうか
でも どっちにしても こじらせないほうがいいよね?
できないことは しょうがないのら

関連記事