『「NHK大河ドラマ 八重の桜 第6回 会津の決断」感想ちょびっとなのら』の巻

NHK大河ドラマ 八重の桜 第6回「会津の決断」感想なのら

そして 部活も3連休で ぎんたのにーちゃん@高2 だらけ気味
部活がお休みなのは 学年末試験前だからなのよよよよ…o(T◇T o)




級友の嫁入り話に 色めき立つ おなごたち
G130208_31.jpg

でも 肝心の嫁入り前の娘は
G130208_32.jpg

あんまり 嬉しそうじゃなくって
G130208_33.jpg

覚悟を秘めた 薙刀の掛け声 勇ましく
G130208_34.jpg


今回 会津藩滅亡への 第一歩を踏み出したことを
G130208_35.jpg

暗示しているのかねぇ
G130208_36.jpg



jyusiline1.gif

↓ ぎんたんちでは ねこも子どもも 喰っちゃ寝ごろごろ┐( -"-)┌ 起きたらゲーム



人気ブログランキングtouka130_10.gif にほんブログ村

今日もぽちぽちっ☆と たのみます (*・ω・*) 8位に戻りたいれす
jyusiline1.gif




そんでね
G130208_41.jpg

片付け すんでも
G130208_42.jpg


G130208_43.jpg



大河の感想は もうちょっとだけ 続きを読むで

※本日お仕事につき コメント欄 閉じてます
 "来たよ"の代わりに きょうもぽちっ☆と たのみます(。-人-。)

【感想 続き】

今回は 会津が 京都守護職を拝命する っつー 悲劇の第一歩を 歩み始めた
大変な回だと思うのですが
ごめーん いまいち わかんなかったヘ(゚◇、゚)ノ

藩主・容保(綾野剛)も めっちゃ断ってたのに
松平春嶽(村上弘明)に 御家訓のこと持ちだされたら がっくり拝命するしかなかったの?
にーちゃんが うどんをすする音がうるさくって よく聞き取れませんでしたのよ…


敏姫 世継ぎ産む間もなく 早世しちゃったから
ほんとの会津藩の血筋のひとは いなくなっちゃったのね
だからこそ 家訓に縛られたのか?

とはいえ
京都の宿場で
薩摩っぽが わいわいがやがや幅をきかせて
なんだか すっかり治安が乱れてて
女子の独り歩きはあぶねー感が ひしひし 伝わってきましてね
幕末のすさんだ感じがすっごく 身近に感じられてびっくりしますた
幕末の京都って ほんとに危ないとこだったのね

関連記事