建仁寺

建仁寺


龍の天井画(左)を見に来たんだけど
龍の襖絵(右)もあるみたい
わくわく


入りまーす



法堂は明治2年に上棟
天井画が描かれたのは平成14年
どおりで墨が黒々としすぎてる感が…

阿吽(あ・うん)の双龍

このお寺 写真撮影OKなんだよ

こちらが襖絵
これくらいの枯れかけた感じが好き

雲龍図 海北友松画 桃山時代

展示されてるのは高精細デジタル複製なんだって
おかげで写真が撮れる


すっごい迫力
複製とは思えない


お庭には 茶席 東陽坊
豊臣秀吉が催した北野大茶会で利休の高弟・真如堂東陽坊長盛が担当した副席と伝えられてる
由緒ある 規範的な茶室なんだそうだけど



飾りものがないと なんだか引越し跡の空家みたい…




このお寺には素敵なもので溢れてたんだけど
中でも心奪われたのは

潮音庭

この中庭ごしに眺める
風神雷神の金屏風が 素晴らしい
むこう側で金色に光ってるのがそう
写真撮ればよかった〜!


これは現代のものだけど
風神雷神の書も ど迫力


お寺を満喫して 大満足
かーちゃんは
古い木造建築と
木や苔や水が流れてる庭と
古い画が好き

虎や花もよかったけど
やっぱり龍がいちばん
次は龍を巡る旅とかしたいな〜って






関連記事

コメント

非公開コメント