パリで絶対おすすめ!オペラ座から徒歩でOK!パサージュ巡り

2019年6月11日(火)6日目② オペラ座から徒歩でまわれるパサージュ巡り
今夜、日本に帰るので、タクシー頼んだ16:30までがパリ旅最後の自由時間。 ホテルをチェックアウトする時に、タクシー予約を頼んで、荷物を預けて出かけますた。ちなみに小心者なので、最終日に遠出はしない主義。メトロに乗ることもあるけど、徒歩やタクシーで帰って来れるエリアまでしか出かけないのら。
G190825_33.jpg


オスマン通りをてくてく歩いて、サクレ・クール寺院を遠目に見つつ、パサージュが連なる界隈へ。
G190825_00.jpg
パサージュって、18世紀末にパリでたくさん作られたアーケード商店街。ガラス天井やレトロな装飾があふれる小路で、お茶やショッピングが楽しめるのら。

まずは、①パッサージュ デ パノラマ Passage des Panoramas
ここが一番大きくて、カフェもたくさんあったと思う。メトロのグラン・ブールヴァール駅(Grands Boulevards)近く。
G190825_01.jpg

G190825_02.jpg

パサージュは、観光客に人気の場所。2014年に来た時よりも、英語の案内が増えてる感じ。
G190825_03.jpg


Bar Des Varietes ランチを、ここでいたらきますた。


赤いギンガムチェックが素敵でしょ。(写真は、わたしたちが立ち去った後の様子。手前から2番目の席ですた。)
G190825_04.jpg

G190826_24.jpg

わたしは、憧れの「ビーフストロガノフ」ランチセット。サラダつき。
G190825_071.jpg

G190825_08.jpg
お水は、無料のタップウォーター(水道水)。外国のレストランに入ったら「必ず飲み物を注文しなくては」と思ってたけど、今回周囲をよく見てみたら、別にそんなことなかった。特にランチは、飲み物を頼まない人多数。黙ってても、空き瓶に汲まれた水が運ばれてくるし、来ないときは「タップウォータープリーズ?」と言ってみたら、無料の水がもらえますた。たぶん水道水なので、お腹の弱いひとは要注意。


妹ちゃんは、隣の人が食べてて美味しそうだった「鴨のコンフォイ」 スモーキーでグーですた。
G190825_09.jpg

ところで、注文した後で、ここが「タルタルとハンバーガー」の店だったことに気づいたワタシ。よく見たら、周りの人はタルタルステーキ(生肉タタキ)や、パテが分厚くて真っ赤なバーガーを美味しそうに食べてたYO。にーちゃん@新社会人タルタルステーキ大好き がいたら、喜んだろうなー。
G190825_052.jpg

G190825_042.jpg

ビーフストロガノフは、まぁまぁな味だったけど、素敵カフェでごはんを食べれて、わたし的には大満足。
G190825_10.jpg


②パサージュ・ジュフロワ(Passage Jouffroy) は、残念ながら工事中。でも、お店はちゃーんと営業中。
G190825_11.jpg

G190825_12.jpg

G190825_13.jpg

G190825_14.jpg

Le Valentin レトロなサロンで食後のデザート。


G190825_15.jpg

中から見ると、こんな感じ。
G190825_16.jpg

妹ちゃんも、超ゴキゲン。
G190825_17.jpg

わたしは、エクレアとカフェオーレ。
G190825_18.jpg

妹ちゃんはふわふわスフレとホットミルク。ベリーソースは別料金だけど、つけて正解。すっぱ甘くてウマカッタ。
G190825_19.jpg


③Passage Verdeau
G190825_21.jpg

ガラスの天井から、キラキラ光が降ってくる。
G190825_22.jpg

黒猫ムッシューは、今からお昼ですか?
G190825_23.jpg

古本屋やギャラリーがずらり。
G190825_24.jpg

G190825_25.jpg

G190825_26.jpg

素敵な本は、お高いわぁ。(350€≒43,750円)
G190825_27.jpg


このパサージュを出たところにあるのが
À la Mère de Famille 老舗コンフィズリー。素敵お菓子屋。


G190825_31.jpg

G190825_32.jpg
昨日紹介したパートドフリュイ(フルーツゼリー)は、ココで買いますた。パリではマカロン並みにポピュラーで、たいていのお菓子屋さんで見かけますた。フルーツ果汁を羊羹ちょっと手前レベルまで、ぎゅっと濃縮したあまーいお菓子で、甘党の方におススメれす。