シテ島は観光客向けの素敵な街!

2019年6月8日(土)3日目⑤ シテ島ぶらぶら歩き

パリ旅行記の続きれす。
妹ちゃんと、シテ島巡り。コンシェルジェリーと、サント・シャペルを見た後は、ランチを食べて
G190721_12.jpg

ノートルダム寺院を、外から眺めたり(※4月の火災で立ち入り禁止)
G190721_13.jpg

実写はこちら。

【Brasserie Les Deux Palais】


観光客向けの素敵カフェ。英語メニューはもちろん、日本語メニュー(Web)も出してくれて、至れり尽くせり。パリの中でも一番の観光地「シテ島」だけあって観光客に慣れてて、しかも温かく迎えてくれますた。
G190721_21.jpg

テラス席は大好きだけど、日本人マダムふたりにゃ、今日もお外は寒すぐる。
G190721_22.jpg

ガラス張りの温室席で、ぬくぬくお外を眺めましょ。
G190721_23.jpg

オムレツ(隣のヒトのが美味しそうだった)と、クロックムッシュを半分こ。
G190721_24.jpg
わたしゃさみしがりやで、こんなにカップルや家族連れやグループ客が幸せそうにしている場所で、おひとりさまを楽しむなんてできないの。ふたりだと、賑やかなレストランに躊躇なく入れるし、2皿食べれていいことづくめ!(お値段とクロックムッシュのショットは 妹ちゃんのブログで

ちなみにお支払いは、同額ずつ入れてる共同財布から払うか、会計係(妹ちゃん)がカードでまとめて支払って、カード請求が来てから(=日本円が確定してから) 半額支払うシステムなのら。会計係の特典は「レシートがもらえる」だけれすが、部屋でお金の計算してる間に、お茶いれたり皿洗ったりは、わたしがする。ちなみに家族で行くときは、お金計算もお茶いれるのもわたしだから、姉妹旅って楽なのら。


【ノートルダム寺院】
規制線は、けっこう手前。
G190721_51.jpg

2014年に家族旅行した時も登らなかったし、修復に20年かかるという話もあるし。それまで、わたし屋上に登れる体力あるかすら?
G190721_52.jpg

G190721_53.jpg

おみやげ物屋通りは、変わらず営業中。
G190721_54.jpg

ノートルダム寺院屋上に妹ちゃんが登ってる間に、70歳の母はひとりでおみやげ物屋さんを見て、カフェでランチを食べて待ってたって自慢話をさんざん聞いたけど(母からも)、それが、このカフェ。今はフェンスで見えないけれど、たしかに降り口目の前で、ここなら妹ちゃんからスグ分かる。母も妹ちゃんも、それぞれ楽しい時を過ごせてヨカッタねー。
※2012年に、母を待たせて上った妹ちゃんの話はこちら。
G190721_55.jpg



【Ensign blanc】


メトロ駅「シテ」の近くにある、小鳥とお花の小売店がずらりと並ぶ小さな小路。
G190721_30.jpg

小鳥っつーか、巣箱ですね。
G190721_31.jpg

G190721_32.jpg


お花キレーイ!
G190721_33.jpg

日本じゃ、あんまり近寄らない紫陽花だけど(※カタツムリが苦手だから。紫陽花って、カタツムリとセットのイメージじゃね?)
G190721_35.jpg

白いのオサレー。
G190721_34.jpg

バラもしゅてき。
G190721_36.jpg

ラベンダーって、フランスっぽい。
G190721_38.jpg

G190721_39.jpg

白い小花も、フランスっぽくね?
G190721_37.jpg

レモンは南仏のイメージ。
G190721_40.jpg


ムチューで写真を撮ってたら、冷たい風が吹いてきた。
G190721_144.jpg
鼻水ダーダーあふれてきたし(花粉か?)、雨が降る前に、オルセー美術館(室内)へ行きませう。