パリ・オペラ座は公演チケットがなくても見学できるって知ってた?

2019年6月7日(金)2日目⑤パリ・オペラ座で、18世紀の豪華絢爛な貴族世界にタイムトラベル!

パリ オペラ座といえば、世界一有名なバレエの舞台だけれど、公演のない時に12€(1,500円)払えば、館内見学できるのら。2014年の家族旅行でも行きたかったけど、うちの男たちの仏頂面見てあきらめますた。もちろん、バレエ公演なんてトンデモナイ。
G190630_72.jpg
ラファイエット・デパート屋上から、オペラ座裏手がよく見える。

今回は、妹ちゃんと喜び勇んでいきますた。マダム旅は、趣味が一緒でウレシイわぁ。
G190630_73.jpg


妖しいピンクの光に包まれたピュティアの泉の先は
G190630_31.jpg

乙女の憧れ!パリオペラ座の大階段
G190630_33.jpg
こんなたくさんの観光客が、バレエもオペラも見れないのに、12€(1,500円)も払って来るなんて。パリ・オペラ座って商売上手!わたしも、まんまと乗せられますたよ。

オペラ座ステキー!
G190630_341.jpg
ここにこそ、スカートでオサレして来るべきだったか? 防寒対策+雨仕様に着替えて来ちゃったYO!でも、公演じゃないし、いいかー。


あっちからも、こっちからも見たくて、うろうろ回ってみたり。
G190630_35.jpg

G190630_36.jpg


G190630_37.jpg

G190630_38.jpg

カーテンの向こうは
G190630_41.jpg

宮殿みたいに豪華絢爛な回廊
G190630_43.jpg

シャンデリアも素敵
G190630_42.jpg



観客席にも、入れるの。
G190630_51.jpg

おぉ、これがオペラ座の舞台なのね。
G190630_52.jpg

なにか、場当たり的なことをやってたよ。いつか、ここでバレエが見れたらにゃー。
G190630_53.jpg


見学コースには、図書館も。
G190630_61.jpg

さすがに閲覧はできないけれど、貴重な楽譜や文献が並べられてる本棚は壮観!
G190630_62.jpg

G190630_63.jpg

図書館の奥には、素敵なバレリーナ。
G190630_64.jpg

G190630_65.jpg
例えば舞台を見に来たとしたら、気もそぞろで、図書館など見てる余裕はないと思うので、見学だけでも来る価値アリ!パリ・オペラ座は、ベルサイユまで足を伸ばさずとも、パリにいながらお気軽に、18世紀の豪華絢爛な貴族文化に触れられるタイムトラベルスポット!来てヨカッタ!


おみやげコーナーも充実してて、お買い物だけなら、館内見学しなくても入れるよ。
G190630_66.jpg
妹ちゃんに、「絶対似てるから買うべき!」と、めっちゃ勧められた、ががバレリーナ。買わなかったけど、そんなに似てるっけー? でも、わたしの髪は黒色なのよね。


オペラ座の、すぐ近くにあるスターバックス・オペラ店
光輝くシャンデリア、水色の壁紙や金の縁取りで彩られた内装がめっちゃ素敵。お値段や買い方ははフツーにスタバなので、万人におすすめ。
G190630_67.jpg

フランス・スペシャルのミニマグ買って、これが2つ目のスタバ・ミニマグ・コレクション。エッフェル塔や凱旋門などパリの象徴が描かれてないのは残念だけど、「パリ・スペシャル」は大きすぎて好みじゃななかったのよねー。
G190630_68.jpg