「バッテリー (あさのあつこ)」で 少年心を堪能するのら

今ごろ こんなの読んでて スミマセン
G140619_11.jpg





ぎんたのかーちゃん
G140619_12.jpg

少年心を
G140619_13.jpg

堪能ちう
G140619_14.jpg



jyusiline1.gif

I really enjoy reading books.

G140619_15.jpg

本を読むのは本当に楽しい

= I love reading books.
It's a lot of fun!

jyusiline1.gif


ぎんちゃん すっかり
G140619_16.jpg

はぶてちう
G140619_17.jpg
※はぶてる:ふてくされる、機嫌が悪い。
この場合、正確には「はぶてとう」っていうのら。



【バッテリー 1~6  あさのあつこ】
中学1年生 天才ピッチャー巧と キャッチャー豪の バッテリーを軸にした
少年たちの物語

ふたりだけじゃなくって
野球部のチームメイトや 先輩や 他校の野球部のヒーローとか バッテリーとか 弟とか
少年 それぞれの 心模様が ばっちり 描かれていて
気持ち(感情)が 文章に表わされているのが 小説の醍醐味っつーことを 思い出しますた
そうそう だからわたしは 映画(実写)よりも 小説が好きだったのら

少年なんつーのは 色々思ったり 感じたりはしてるんだけど
何せ 言語能力や 分析能力がおっつかなくて
うまく表現できなくて 押し黙るんだよねぇって
または 言ってもしょうがないと 思ってるのか

にーちゃんの少年期も終わった今だからこそ 「物語」として
楽しく読めたのかなぁと
コレを 本物の少年が読んだら どう感じるんだろ?

それから 添えられてる イラストが また素晴らしい
彼らのイメージ どんぴしゃなのら
あー おもちろかった