50過ぎても帰省時は遊んでばっかでいいかすら

帰省2日目。※1日目は →こちら
G200312_11.jpg

お出かけしますた。
G200312_12.jpg

G200312_13.jpg


桜島が見える
G200312_14.jpg

道の駅「霧島」で
G200312_15.jpg

鹿児島名物「黒豚」かつ丼 いたらきまーす。
G200312_17.jpg
おいしかったけど、卵とじがビックリするほど甘かった。「味付けが甘い」「醤油が甘い」といわれる九州ですが、南部(宮崎・鹿児島)は北部(福岡・佐賀・長崎)より、さらに甘いかも。


霧島温泉 旅行人山荘
G200312_21.jpg

レトロなロビーや調度品が、超素敵。
G200312_22.jpg

この大壺、たまらん!
G200312_23.jpg

赤と金と鋼色の組み合わせが大好き!ブラボー!
G200312_24.jpg
撮影禁止で撮れなかったけど、桜島を望む露天風呂が最高ですた。ちょっとお湯が熱すぎて、真昼間(まっぴるま)の太陽が湯船全体に照りつけてたおかげで、貸切状態。風がほどよく冷たくて、風呂に浸かったり日陰の椅子で休んだりを繰り返してたら、あっという間に1時間。わたし、露店風呂とかオープンカフェとか、風とお日さまを浴びながらのんびり過ごすのが好きだわぁ。と、ひとり旅気分を楽しみますた。いや、むしろ旅したい気持ちに火がついた。 えーん、どこか外国に行きたいよぅ。

こちらは足湯。桜島が見えるのが分かる?
G200312_25.jpg

G200312_26.jpg

コロナウイルス騒動が早く落ち着きますように。
G200312_27.jpg



夜は、お義父さんがご近所からいただいてた、鍋いっぱいの肉じゃがをコロッケに加工しようと
G200312_31.jpg

油にパン粉、ウスターソースと
G200312_32.jpg

フライパンも買ったった。(お義父さんは料理をしないので。調味料や大鍋はぎんたんちから持参するけどコロッケは予定外。)
G200312_33.jpg

じゃがいもたっぷり肉じゃがだから簡単にコロッケになると思ったのに、予想よりも水分多くて固まらない!
夫ー!小麦粉買ってきてー!
G200312_34.jpg

おかげで何とかまとまりますた。
G200312_35.jpg


美味しかったよ(自画自賛)実は肉じゃがでコロッケ作るの初めてですた。

更新の活力↑いつも応援クリックありがとうです k_k013.gif

あにゃたも一緒に鹿児島の田舎にバーチャル帰省をどうぞ

先週末、鹿児島@夫実家に2泊3日で帰省しますた。お義父さん元気で、去年のお正月とぜんぜん変わってなかったよ(ヨカッタ)。一緒に食べる用のお土産に、カステラ買って行きますた。一晩仏壇に上げたら「カステラ食べましょー」と、嫁が自ら開けちゃうよ。近年は、夫が開けてくれることも。
G200311_11.jpg

キレイな焼き色、ふわふわしっとりたまご生地。
G200311_12.jpg

底のザラメが、だーい好き。
G200311_13.jpg

にーちゃん@まだ社会人1年生東京でひとり暮らし が来れなかったので、ががカメラマンを連れて行きますた。
G200311_14.jpg

みにゃさまも、一緒に帰省気分をお楽しみくださいませ。
G200311_151.jpg

テレビの前にずらりと並んだ小物たち
G200311_16.jpg

お義母さんが座ってた側の奥テーブルには、お義父さんが育てた百合の花
G200311_17.jpg

柱の前にはお義父さんの薬。
G200311_18.jpg

寝るのは奥の仏間。敷布団に電気毛布が仕込んであって、毛布の下にタオルケットを挟むのが義実家風。(下から敷布団、電気毛布、敷き毛布、わたし、タオルケット、毛布、綿布団)でも、わたしってば寝てるうちに、いつのまにかタオルケットを蹴飛ばしちゃうのよねー。毛布にくるまった方が気持ちよくない? ちなみに夫は、干したて布団も毛玉だらけのシーツ(←実家じゃなくてぎんたんちのこと)も気付かないほど鈍感力が高いので、寝相よくタオルケットで寝てる模様。G200311_19.jpg

朝は味噌汁作りますた。 1日目は、豆腐とねぎ。(夜は、馬刺しと寄せ鍋で飲んだけど写真撮るの忘れちゃった。)
G200311_20.jpg

2日目は、豆腐とわかめ。明太子も買ってった。
G200311_21.jpg

すんごい快晴
G200311_22.jpg

手前は車庫&納戸。昔(夫が入学前くらい)は、牛を飼ってたんだって!
G200311_24.jpg

中はこんな
G200311_25.jpg

あんまり上らないけど、2Fもあるよ
G200311_26.jpg

家の周りは緑でいっぱい。裏の畑には(わたしは)行かなかったので、写真はナシ。 ※参照 →2015年 →2014年
G200311_27.jpg

種から育ててる野菜たち。奥がとうもろこし、手前がズッキーニだそうな。
G200311_23.jpg

もらった。
G200311_28.jpg


家のまわりは、甘夏がいっぱい!収穫した後干したら甘くなるそうな。
G200311_31.jpg

G200311_32.jpg

実は、2段になってて
G200311_33.jpg

さらに裏にも!
G200311_34.jpg

もちろんどっさり持たされますた。いたらきますた。
G200311_36.jpg
そんなこんなで、明日に続く。

バーチャル帰省、楽しんでくれた?↓今日も応援クリックありがとうです k_k013.gif

「福岡-東京ひとり旅」ジェットスター初体験

ぎんたのかーちゃん@方向音痴、ひとりで東京、行ってきますた。
コメント欄やツイッターや心の中で、応援いただきありがとう。

ひとり旅は、去年ロンドン行ったけど、上京するのは20年ぶり2度目か3度目。
東京って、電車の路線がイッパイすぎて、同じ名前の駅がいくつもあるとか、同じ場所でも駅名違うとか、とにかく色々ガクブルなのら。地理は全然頭に入らないし(特性:方向音痴)、地下ではグーグル先生がポイント示してくれないから、めっちゃ困る。ロンドン行くより難易度高いと思うのら。(ロンドンに地下街はない。よね?)

お値段重視で、ジェットスターに初チャレンジ。
乗り慣れてるにーちゃん@大3に、ウェブチェックインで搭乗券出してもらいますた。
G161212_11.jpg
いつもは起こさないと起きないくせに、学校行くより早い時間に起きてきて、とにかく遠いけん、早めに搭乗口に行っときと、言い含められる。

最寄駅-(JR)-博多-(地下鉄)-福岡空港と、乗り継ぐのれすが、なるほど、地下鉄出てからターミナルまで、さらに搭乗口まで遠かった!そーいえば、交通機関で空港行くのも、これが初めて!k_k006.gif この日も平日にもかかわらず、とーちゃんが最寄り駅まで車で送ってくれたのですた。いつもは、わたしが面倒みてる(ごはん作ったり掃除洗濯して)と思ってる家族に、実は面倒みられてる?と感じた、ひとり旅のスタートなのら。


チェックインすんでるから、カウンターはスルーして
G161212_12.jpg

まっすぐ、保安検査場抜けて
G161212_13.jpg

搭乗口に到着。
G161212_14.jpg

ジェットスターの待合室は、外直結。
G161212_15.jpg

バスでえっちら走って、小さな機体に乗り込みますた。
G161212_16.jpg




たしかに席は狭いし、ちゃっちいし。けっこう寒いのに毛布はないし、飲み物だって有料だけど、ぎゅうぎゅう満席。わたしゃ往復1万7千円だったれど、バーゲンだったら福岡-東京1万円とかで買えちゃうらすい。安いって、やっぱりスバラシイ。JAL、ANAより欠航リスクは高めっぽいので、海外乗継じゃなければ、OKじゃないかすら。



福岡空港ジェットスターカウンターは、写真の通りがらがらだったけど、帰りの成田はチェックイン待ち行列スゴカッタk_k007.gif にーちゃんがウェブチェックインしてくれてて、ホントによかったk_a019.gif 

人気ブログランキングtouka130_10.gif


にほんブログ村

太宰府名物「梅が枝餅」毎月25日は特別製

太宰府名物「梅ヶ枝餅」
毎月25日「天神様の日」だけは よもぎ入り
G151225_11.jpg
太宰府まで行かなくても、ぎんたんちの最寄り駅@JR九州で売ってるのら。


昔ながらの、4こずつ焼ける鉄型で
G151225_12.jpg

ポン、ポン、ポンと、焼けてくの
G151225_13.jpg


G151225_151.jpg


jyusiline1.gif

あれ? 梅の焼き印わかんないね? k_k012.gif
G151225_211.jpg
ねー k_k015.gif


人気ブログランキングtouka130_10.gif にほんブログ村

jyusiline1.gif







実家に持って行きますた
G151225_16.jpg

やっぱり、梅ヶ枝餅には、源右衛門窯の梅紋 なのらk_k002.gifk_a019.gif
G151225_171.jpg
母の形見、源右衛門窯の焼きものシリーズ
梅紋は妹ちゃんとの争奪戦に敗れたけれど、まだ実家にあったので写真撮りますたk_a030.gifk_a002.gif




こないだ 太宰府で食べた梅ヶ枝餅レポ →かさの家

人気ブログランキングtouka130_10.gif


にほんブログ村

女子旅にオススメ! 『ギャラリーかさの家』でいただく『梅ヶ枝餅』

ぎんたんちの男連れで行くときは、たいてい立ち食いですませる太宰府名物『梅ヶ枝餅』
今回はひとりで行ったので、お店でのんびり旅気分を味わうのら。




女子旅にオススメ! 『ギャラリー かさの家』でいただく『梅ヶ枝餅』


いつも、行列ができてる人気梅ヶ枝餅店『茶房 かさの家』のお隣は『ギャラリー かさの家』
古民家風の店内には、オリジナルのお香や手ぬぐいなどの和風雑貨や、作家ものの大きな人形がずらり。
ギャラリーの奥には茶房があって、お弁当やお茶がいただけるのら。
G151206_22.jpg

古民家風の明るい小部屋。
大きな窓から日差しがさんさん差し込んで、静かで落ち着いた雰囲気なのら。
G151206_25.jpg

飾り棚に並んでいるのは、九州産の高級焼き物。
骨董品古伊万里の大皿に
G151207_56.jpg

佐賀県有田焼きの名店、源右衛門窯(げんえもんがま)の壺や大皿がずらり。
G151206_26.jpg


G151206_23.jpg

G151206_241.jpg


そば茶も源右衛門窯の湯呑みでキター
G151206_27.jpg
源右衛門窯の湯呑み茶碗は色んな形や柄があるけど、どれも手の中にぽっこり入る丸っこい形がかわいくて、
口当たりがなめらかなのら。
梅ヶ枝餅にぴったりの「梅紋」柄もあったので、かさの家ギャラリーに行かれた際には、ぜひご覧あれ。
茶碗の裏「源右衛門」の焼印が、目印なのら。(後述)



お抹茶と梅ヶ枝餅セット750円。
G151206_28.jpg
静かな小部屋で、素晴らしい九州の焼きものに囲まれていただくアツアツの梅ヶ枝餅は格別ですた。



更新の活力、押してってーk_a040.gif

人気ブログランキングtouka130_10.gif


にほんブログ村








【裏話】
夏に亡くなったわたしの母は、有田の焼きものが好きですた。
特に源右衛門窯がお気に入りで、有田陶器市でちょっとずつ買い集めたコーヒーカップやお湯呑みセットを、
サイドボードに並べて愛でてたもんだ。
子どもの頃はさわらせてもらえなかったけど、
大人になって実家に帰ると、「けいちゃんはどれにする?」と、いそいそコーヒー淹れてくれたっけ。
そういうわけで、わたしも源右衛門窯にはちょっとウルサイの。

梅ヶ枝餅と合わせて出すなら「梅紋」に決まってるのら。k_k008.gif
向こうの席のお湯呑みがソレだったので、イイナーと横目で見てますた。

例)「赤絵梅紋(湯呑)」 5,400円 → 源右衛門窯公式
G151210_49.jpg
※画像はネットショップから借りますた



ちなみに、母の「梅紋」コレクションは妹ちゃんに持ってかれて(争奪戦に敗れた)
うちにあるのは菊シリーズ。
G151210_52.jpg

焼印ってこんな感じ。
G151210_53.jpg


そうこうしてたら、やっぱりぎんちゃんやって来て。
G151210_54.jpg

なんしよるとー?
G151210_55.jpg



太宰府旅行記、おつきあいありがとうございましたk_k002.gif

人気ブログランキングtouka130_10.gif


にほんブログ村





太宰府天満宮で合格祈願 もくじ
太宰府天満宮へ行くなら、西鉄電車「旅人たびと」に乗って
天神様のご利益絶大!-太宰府天満宮で合格祈願
太宰府天満宮で買いたい!ほしい!おみやげ品
太宰府名物『梅ケ枝餅』を買うならココ!地元民が教える人気店ベスト3
女子旅にオススメ! 『ギャラリー かさの家』でいただく『梅ヶ枝餅』 ←今ココ