けっこうへばったタイ旅行

ワット・ポーで仏陀像をいっぱい見た後は
ワット・ポー・マッサージスクールでタイ古式マッサージ
ワット・ポー前で客待ちしていたタクシーに自力交渉して
ホテル近くのレストランで昼ごはん
ホテルのエレベーターに乗ろうとしたら、ホテルカードが使えなくなってたので、フロントで修正してもらって(※レイトチェックアウト仕様になってなかった)
父キングはお昼寝タイム
キャッシュが足りなくなったのでホテルのロビーで両替したら(※ATMから預金を現地通貨で下ろせるキャッシュカードは日本に忘れてキター!(油断しすぎ)現地銀行で両替するにはパスポート原本が必要で、部屋まで取りに行く元気はナッシング。街角両替は見当たらなかった)
近くのスーパーでお土産買って
ようやくお部屋に戻ってきたよ。

なんだかスッカリ疲れてて、妹ちゃんと父キングのプールにはつきあわないで、お風呂に入って、パッキング。
G170802_311.jpg
ところで、わたし荷物詰めるの超下手くそ。全部入ればヨシ、フタが閉まればヨシ、中身が壊れなきゃヨシのテキトー加減。ちなみに、非常食の春雨スープも、カロリーメイトも食べなかったので、そのまま持って帰るのら。テニスボールはマッサージ用に(おちりの側面で転がすと気持ちイイよ!)と思ったけれど、1回しか使わなかったから、次からは持ってこない(覚書)。


18時にチェックアウト
昨夜と同じマッサージ屋までよちよち歩いてオイルマッサージ(父キングはタイ古式マッサージ)
昨夜と同じタイ料理屋で夕飯食べて
今さらですが、ホテルラウンジでウェルカムドリンクいたらきます。暖かい紅茶コーヒーハーブティーが揃ってて、クッキー付きで超ウレシイ!カモミールティーを頼んだら、でっかいポットで来ますたよ。
G170802_36.jpg
「これで後は、JTBのお迎え(21時)を待つばかり♪」って思ったら、トイレに立った父キングが途中でへばって、ヤバカッタ!ポーターが車椅子持って飛んできて、トイレまで連れてってくれますた。

諸悪の根源 Chang Beer
G170802_37.jpg
沖縄のオリオンビールや中国の青島(チンタオ)ビールみたいにあっさり軽くて、ぐびぐび飲んじゃうニクイやつ。


今日は文字ばっかりでごめんにゃさい。ワット・ポーで涅槃像見た後は、写真が皆無!わたしも相当へばってたのら。ちなみに今日の福岡も、めっちゃ暑くてへばり気味。どうぞ旅の3日目の詳細は、妹ちゃんのブログで見てね。 → ツルカメDAYS① 


◇わたしのタイ旅もくじは、こちら
【2017年7月タイ・バンコク 父キングに仕える旅 もくじ】

◇旅の詳細は、妹ちゃんのブログで
【2017.7月 タイ旅行もくじ】 高齢者連れのタイ旅行。父上キングは79。

ワット・ポーで絶対やるべきことのひとつを紹介するのら

タイ旅3日目

今朝のメニューは、ももハム、リンゴのソテーとウインナー。薄切りカリカリトーストにバターとマーマレードを塗るのが好きなのら。
G170802_11.jpg


夜じゅう大雨ザーザー降ったみたいで、チャオプラヤ川は水量多め。
G170802_12.jpg

G170802_13.jpg

今日はツアーじゃなくて、市民の足・リバーボートに乗って、ワットポーに参拝するのら。
G170802_14.jpg
たまたま出かけるときに、ホテルロビーに日本人のコンシェルジェ女子がいて、「どちらまで?」と声をかけてくれますた。「ワットポーにリバーボートで行きたいんですけど」って言ったら、「今、ワットポー最寄りの船着き場は工事中で、リバーボートは止まらないんですよ。向かいのワット・アルン(暁の寺)に停船するので、渡し船に乗ってくださいね。」とアドバイスいたらきますた。
工事のこと知らなかった!知らなかったよ!自力でどこかに行くときは、事前にコンシェルジェに相談しよう k_a004.gif 今回は日本語で楽ちんしたけど、英語で聞けるようになりたいにゃ。しかも、あんまり歩けない父キングに配慮して、船着き場(シャングリ・ラホテルのクルテン・ウイング隣)まで、ホテルのトゥクトゥクで送ってくれますた。

超タスカッタので、現地でツイート。





リバーボート・オレンジフラッグ(急行)はぎゅうぎゅうで、3人席は離れたけれど、座る!絶対座る!と、強い意志で、為せば成る。
G170802_15.jpg

ワット・アルンで乗り換えた渡し船は、がーらがら。
G170802_16.jpg

途中でお茶などしながら(詳細は妹ちゃんのブログで)、無事にワット・ポーに到着したのら。
G170802_21.jpg

黄金の巨大涅槃像。半眼の涼やかなお顔が見れて、感慨無量。
G170802_22.jpg

108の煩悩が描かれているという足裏と足首は、修復中。足裏からずずーっとお顔を見たかったのに、残念無念。
G170802_23.jpg

そして、今日のハイライト。
G170802_24.jpg

涅槃像の隣に並んだ108鉢にサターン硬貨を投げ入れたら、煩悩とおさらばできるとか。(20バーツをサターン硬貨に両替してもらえる)
G170802_25.jpg

ところがどっこい、途中でサターン硬貨、足りなくなった。わたしの煩悩多すぎかすら?
G170802_261.jpg



◇わたしのタイ旅もくじは、こちら
【2017年7月タイ・バンコク 父キングに仕える旅 もくじ】

◇旅の詳細は、妹ちゃんのブログで
【2017.7月 タイ旅行もくじ】 高齢者連れのタイ旅行。父上キングは79。

雨期のタイでは熱中症にほんとに注意!

ツアーの終わりは、ホテル近くのレストラン「Queen of Curry」
G170730_61.jpg

おいちいカレーに
G170730_63.jpg

トムヤムクン
G170730_64.jpg

タイで見かける観光客は、欧米人カップルやファミリーがとっても多い。(※当社(福岡)比はもちろん、台北、マカオ、シンガポール比)
G170730_62.jpg
タイって、欧米人にポピュラーな、歴史あるリゾート地だって感じますた。観光業のひとも設備も、ハワイ並みに高いスキルとホスピタリティを完備してて、リゾート感にどっぷり浸れるイイところ。



今日もやっぱりビールを飲んだ父キングが、ホテルでご休憩あそばれている間に
G170730_65.jpg
(シャングリ・ラ・ホテルは広すぎるので、トゥクトゥクで送ってもらう。)

わたしと妹ちゃんは、ホテルまわりを探索するのら。
G170730_71.jpg

G170730_72.jpg

G170730_731.jpg
屋台で楽しく買い物してたら、どんどんフラフラしてきたよ!熱中症だ!スーパーとかも行ったけど、残念ながら、写真を撮る元気はありませんですた。


塩飴は持って行ってたけど、あれはお菓子だ!熱中症には、ほとんど効かぬ。
G170727_18.jpg

実は、出発前の日本でもすでに、今夏2回ほど熱中症っぽかったので、出来心で持って行ってた都こんぶが心強かった。それから、機内食の塩がとっても役立ちますた。次からは、塩昆布とか梅干し持っていこうかすら。
G170727_19.jpg



夜は、近所でタイ古式マッサージ(1h250B 施術最高!)と
G170730_74.jpg

タイ料理。清潔でおいちくて、3人で飲み物込みで260Bは、ホテルにある高級タイ料理店1皿分のお値段ですた。
G170730_75.jpg

G170730_76.jpg


バックパッカーの聖地「カオサン」とかにも行ってみたかったけど、やっぱり来ちゃった。アジアティーク。
G170730_77.jpg

小物を買ったり
G170730_83.jpg

果物食べたりしたけれど
G170730_78.jpg
もっと写真撮ればヨカッター!やっぱり暑くてへたばってたのら。今まで旅行中に弱ったことってないんだけれど(倒れるのは帰ってから)、これってやっぱり更年期?更年期を超えたら、復活できる?人生の先輩方、そのへん如何な感じですか?

でも、加齢は今より進むわけだから、筋力体力落ちるよね?少しでも若さと体力が残ってるうちに、もっといろんなところを見てみたいって焦燥感でジリジリボーボーしちゃうのら k_k008.gif


◇わたしのタイ旅もくじは、こちら
【2017年7月タイ・バンコク 父キングに仕える旅 もくじ】

◇旅の詳細は、妹ちゃんのブログで
【2017.7月 タイ旅行もくじ】 高齢者連れのタイ旅行。父上キングは79。

世界遺産アユタヤ観光!パンダバスの半日貸切ツアー大正解

タイ旅3日目。

シャングリ・ラ・ホテル・バンコクの朝ごはん。
G170730_11.jpg
昨夜は熱中症でほとんど食べられなかったけれど、今朝は快調。チーズもハムも、もりもり食べる。



さて、本日はパンダバスの半日ツアー。貸切!『世界遺産アユタヤor水上マーケット』観光 詳細は→妹ちゃんのブログで
父キングはよちよちペースで300mくらいしか歩けないし、わたしゃ自分でも驚くほどに暑さと湿気に弱いけど、貸切なので融通効いて、たいへんよろしゅうございますた。
G170730_21.jpg


ワットマハタート
あふれる緑と、朽ちかけた赤煉瓦の遺跡が超フォトジェニック!
G170730_22.jpg

木の根に取りこまれた仏頭は、あまりに有名。
G170730_23.jpg

仏像の頭だけを破壊して持ち去った盗賊が、鼻が欠けたひとつを放置していったのを、菩提樹に取り込まれたのだとか。
G170730_24.jpg

胴体だけ残された仏像たち
G170730_25.jpg

あちらの仏さまの頭部は、後に再建されたもの。
G170730_26.jpg
ちょっぴり物悲しい想いにひたったあとは

お楽しみの象乗り体験!エレファント・キャンプ
G170730_41.jpg

イケメン象使いが操る象の
G170730_42.jpg

背中に乗って ゆらゆら進む
G170730_43.jpg

歩くスピードけっこう早い
G170730_44.jpg

緑あふれる公園抜けて
G170730_45.jpg


G170730_46.jpg

写真撮影タイムも確保
G170730_47.jpg

G170730_48.jpg

G170730_49.jpg
象の背中はけっこう揺れて、ピント合わせるのがムツカチイ!


遺跡を眺めつつ、帰ります。
G170730_50.jpg

象使いによって、進む場所がちょっと違う。わたしの象使いは行きも帰りも公園内ルートを通ってくれて、超ウレシイ。草むしりしてる人たちがいたけど、上手に脇をすり抜けた。
G170730_51.jpg

G170730_52.jpg
父キング+妹ちゃんと再会。


G170730_53.jpg


遺跡の中で象ライド。10分だけど、とっても満足!
象使いへのチップはひとり20B。それ以上の要求などはされませんですた。
G170730_54.jpg


冷房の効いたコーヒーショップでしばし休憩。
G170730_55.jpg

次はラクダに乗りたいにゃ。
G170730_56.jpg



ワット・ロカヤ・スタ
巨大涅槃像。黄色い衣を身に着けている姿がお馴染みだけど、雨期はすっぽんぽんなんですと。
G170730_31.jpg

花売り娘から、お花を買って
G170730_33.jpg

参拝真似事やってみた。
G170730_34.jpg

どうぞ無事にタイ旅行を終えて、うちに帰れますように。
G170730_35.jpg
パンダバスの貸切ツアー。わたしたちのペースで、やりたいことは全部できた!的確なコース組み、観光案内(説明)、休憩の配慮、お店の紹介、日本語スキルと、どれも満足。お高いだけのことはありますた。


◇わたしのタイ旅もくじは、こちら
【2017年7月タイ・バンコク 父キングに仕える旅 もくじ】

◇旅の詳細は、妹ちゃんのブログで
【2017.7月 タイ旅行もくじ】 高齢者連れのタイ旅行。父上キングは79。

タイ舞踊ショー「サイアムニラミット」超楽しい!

さて2日目の夜は、「サイアムニラミット」。川が流れる専用劇場で、100人以上の出演者や動物たちが繰り広げる、タイ舞踊ショー。ショー好きな、父キングをお連れするのら。
theShow.png
※写真は公式ページからお借りしますた

ショーの前には、広い食堂でブッフェタイム
G170727_21.jpg

たっぷりお昼寝あそばした父キングは、すっかり回復。ご機嫌で、性懲りもなくビール飲むとか言ってるのに、わたしの具合がどんどん悪い。
G170727_11.jpg

ふわふわめまいと吐き気がしてきて、汁蕎麦ひとくちでギブアップ。
G170727_20.jpg

これではいかんと、でっかいキュウリに塩して食べたら、ちょっぴり復活。
G170727_12.jpg
これって、もしや熱中症!?水は飲んでたけれど、塩分が足りてなかったんじゃないかと、思うのら。


食事がすんだら、開演前のパフォーマンス。ここでも美しい踊り子さんと記念撮影して、ご満悦な父キング。(あそこでも
G170727_13.jpg

人垣の後ろからパフォーマンスを眺めていたら、車椅子用の特等席に案内された。
G170727_14.jpg
サイアム・ニラミットでは、予約も担保もなしに車椅子借りられたし、劇場内に入ったらスタッフが飛んできて、わたしたちも一緒に車椅子用席に座れるように手配してくれますた。タイって手厚い!

G170727_15.jpg


敷地内には、タイの村が再現されていて、昼見たような小川もあった。小舟にだって、乗れるみたい!
G170727_16.jpg

もうちょっとゆっくり見たかった。
G170727_17.jpg

ショーは、タイの歴史や文化を紹介する舞踊ショーで、とっても分かりやすくて楽しかった!日本語字幕もありますた。1枚目の写真の右下にいる、黄金の動物がぴょこぴょこ歩く様子が、とってもキュートで惚れちゃった!あれってドラゴン?中国の獅子舞?うちに一匹来たらイイのににゃー。

◇わたしのタイ旅もくじは、こちら
【2017年7月タイ・バンコク 父キングに仕える旅 もくじ】

◇旅の詳細は、妹ちゃんのブログで
【2017.7月 タイ旅行もくじ】 高齢者連れのタイ旅行。父上キングは79。