海上自衛隊呉資料館 通称「てつのクジラ館」に行ってきた

パリ旅行記の途中ですが、先日夫と、海上自衛隊呉資料館 通称「てつのクジラ館」に行きますた。軽い気持ちでカメラも持たずに行ったのれすが、いつになく夫がおおはしゃぎ…。かわいらしいやらおかしいやらで、たくさん写真を撮りますた(スマホで)。

陸揚げされた本物の、潜水艦内部に入れる 史料館。
G190718_42.jpg
1986年から2004年まで、実際に海上自衛隊で使用されてた「潜水艦あきしお」 全長76.2m 完全複殻式(涙滴型)



かつての少年、展示物に興味津々。
G190718_41.jpg

本物のベッド!↓は手抜きしてるけど、ちゃんと横になれる入り方の解説がありますた。
G190718_43.jpg

少年たちに大人気の潜望鏡。(※順番は守ってますよ)
G190718_14.jpg

甲板に上がるハッチや
G190718_45.jpg

あっちの計器や
G190718_46.jpg

こっちの計器を、覗き込んで
G190718_48.jpg

この笑顔。
G190718_17.jpg
これは、操舵室の潜望鏡で、実際に外が見られるレアなもの。

見学終わった後も、ハイテンション。
G190718_19.jpg


潜水艦カレーも、食べますた。
G190718_20.jpg
こんなに嬉しそうな夫を見るのは久しぶり。家族で行ったパリでも、夫婦で行ったスペインでも、こんな笑顔はなかったわぁ。美術館とかバッグ屋とか、連れてってゴメン。これまで旅行につきあってくれてたのは、ひとえに愛ゆえだったのねー。まぁ、潜水艦はわたしも楽しかったけど、夫と私の行きたい場所は基本的に違うのら。

その点、趣味があうのは妹ちゃん。または、さみしさをこらえて、ひとり旅を極めるか。でも、ひとりだと展示物は心ゆくまでゆっくり見られるけど、レストランには入りづらいし、注文しづらい。ひとり旅も、夫婦旅も、姉妹旅も、したことないけど友人旅も? いろんな旅を楽しみたいと思いまふ。

福岡市美術館で、ほんのり、ひとり旅気分

昨日は、お休みだったので、ちょっくらお出かけしますたよ。

オサレな通りをぶらぶら歩いて
G190522_11.jpg

G190522_12.jpg

ステキ本屋を冷やかして
G190522_13.jpg
ブックスキューブリック 店主がこだわって選んだ本が、ぎゅっと詰まった有名店。

G190522_14.jpg


福岡市美術館に、来ますたよ。
G190522_15.jpg

ウサギ見て (『三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ』バリー・フラナガン)
G190522_16.jpg

カボチャ見て (『南瓜』草間彌生)
G190522_17.jpg
ここまで無料


福岡市美術館リニューアルオープン記念展
「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE: Flower Power」
を見てきたよ。今週は福岡ミュージアムウィークだとかで、団体料金で入れてラッキーですた。(※2019年5月26日まで)
G190522_18.jpg


インカ・ショニバレCBE: Flower Power アフリカン・プリント色彩が素敵。ロンドンで生まれてナイジェリアで育った黒人である彼の見ている世界が、衝撃ですた。彼自身が、西欧貴族の放蕩息子を演じてる一連のパフォーマンス・ポスターとか、ロンドン・ロイヤルバレエの、ふたりのダンサーが、アフリカン・プリントの衣装で踊る「オディールとオデット(映像)」は素晴らしかったし、西洋館で繰り広げられるオペラの世界も魅せられた。
G190522_21.jpg
なんだか、うまく書けないので、横浜市美術館の説明を貼っとくわー →インカ・ショニバレ MBE

福岡市博物館の説明も発見。でも、作品世界の話じゃないのよね。→収集活動と展覧会活動が次なる展覧会を生む──「インカ・ショニバレCBE:Flower Power」


桜を放つ女性
G190522_22.jpg
アフリカン・プリント布で作られた、ビクトリア朝のドレスをまとった女性が撃った、銃から飛び出す、桜の花。 この展覧会のために作られたそうな。




〆は、大濠公園のテラスでお茶して
G190522_25.jpg

ちょぴりだけど、旅気分。
G190522_26.jpg

あ、飛行機!やっぱり、もーっと遠くに行きたいにゃー k_k008.gif
G190522_27.jpg


ふぅん? k_k014.gif
G190522_29.jpg
だってさー、休日っていっても、朝はいつも通りに起きて夫の弁当作って、掃除して、洗濯して、それからやっと、おでかけなのら。そんで、帰ってから夕飯作って、弁当仕込んで、片づけて、そんで明日は、また仕事。ほんとにリラックスするには、2泊3日は必要なのら k_k008.gif

宮島でもみじ饅頭食べ比べ

弾丸ドライブ福岡-宮島日帰り旅 
① 広島・宮島は、めっちゃ楽しい観光地
② うちの夫は、よいモデル(被写体)
③ 宮島・大願寺の火渡り儀式に参加してみた体験記(千円) ← おススメ!
④ 宮島でもみじ饅頭食べ比べ← 今ココ



火の上歩いて、疲れたあとは、甘いもの。
G181111_72.jpg

できたてのもみじまんじゅう(定番) オイチイわぁ。
G181111_73.jpg

こちらの行列は
G181111_75.jpg

焼き牡蠣 1こ250円
G181111_76.jpg

宮島の牡蠣はプリプリ大きいねk_a019.gif
G181111_77.jpg

初めて食べた揚げもみじ。ドーナツみたいな食感でけっこう美味しかったけど、中高年の胃には重かった。食べ盛りの中高生向けだと思いまふ。はっ、これが 新しいものについていけない加齢症状なのかすら?
G181111_78.jpg

いやいや、新作 もみじもちは、もちっと大変ウマカッタ。加齢症状じゃなくて、好みの違いにちがいない。
G181115_01.jpg

秋の宮島は観光シーズンで、人多め。
G181111_71.jpg

本殿裏に来ましたよ
G181111_63.jpg

こちらの、尻上がりの狛犬の肛門を触るとウン(運)がつくそうな
G181111_65.jpg

よろしかったら、あにゃたもどうぞ
G181111_64.jpg


2018年11月3日は、紅葉には少し早かった。
G181111_81.jpg

豊臣秀吉の命で建立された千畳閣 入場は4時半まで。
G181111_82.jpg

入場時間は過ぎてたけれど、周囲は歩けて
G181111_83.jpg

見晴らしグッド。
G181111_84.jpg

広島・宮島、たいへんステキなとこですた。
G181111_85.jpg
宮島には、欧米人の観光客がイッパイ来てた。隣国や大国からの船客がひしめきあってる福岡とは、ずいぶん客層が違うわぁ。世界遺産だから? 京都や金沢が近いから? 日本人が行っても、もちろんめっちゃ楽しいYO!


【おまけ話】
広島を出て福岡まで帰る途中、山口県岩国の人気店 いろり山賊で夕飯しよう! と、やって来たけど、連休とあって、すんごい行列!もちろん駐車場もイッパイで、狭い峠道にあるので、待ち行列もできないの。 残念だけど、ヨソに行こう? というワタシの提案は無視して、夫め、峠でUターンを繰り返した挙句に、ちょっと離れた細道に駐車場(正規)を見つけやがった!
G181111_91.jpg

いろり山賊は、山にしつらえたこたつ席(屋外)や囲炉裏端(屋内)で食事ができる、雰囲気のよい店なんだけど。前来た時は2時間待ったやん?というワタシの声はヤッパリ届かない。
G181111_92.jpg

7時半に食券買って、ご飯食べたの10時半 大変おいしゅうございますた。k_a032.gif


岩国から、ぎんたんちまでは200km。家に着いたのは、夜中の2時すぎですた。運転は全部夫にお任せしたけど、翌日仕事はツラカッタ。ちなみに、夫は翌日は休みだったけど、ドライブに行く前々日は徹夜で仕事だったのですた。つまり、こーゆー感じ。
木) 徹夜で仕事
金) そのまま普通に仕事(夜は寝た)
土) 福岡←→宮島ドライブ(日帰り)
日) 休み
月) 東京出張(1泊)
こんなスケジュールで、よく長距離ドライブとかするよねぇ? 夫との弾丸旅行は体力いるわー。

宮島・大願寺の火渡り儀式に参加してみた体験記(千円)

弾丸ドライブ福岡-宮島日帰り旅 
① 広島・宮島は、めっちゃ楽しい観光地
② うちの夫は、よいモデル(被写体)
③ 宮島・大願寺の火渡り儀式に参加してみた体験記(千円)← 今ココ



厳島神社の鳥居をくぐった後に、神社の右手に来たら、何やら煙が上がってた。
厳島神社のお隣にある大願寺で、火渡り儀式 嚴島大佛不動明王大祭 紫灯大護摩祈願法要(さいとうだいごまきがんほうよう) を、やってたYO!
G181111_10.jpg

火渡りって、火の上を歩くやつ? これは是非とも見なくては!
G181111_11.jpg

もう人垣ができてたけれど、3列目くらいの隙間を確保。
G181111_12.jpg

白い装束の修行僧(僧? 修験者?)たちが、何やら真言(?)唱えながら、お札(よね?)をバンバン燃やしてた。
G181111_13.jpg

15分くらいすると、前列の方たちが去ってラッキー。最前列に来ましたよ(後ろ側だけど)
G181111_14.jpg

G181111_15.jpg

色鮮やかな衣の、偉そうなお坊様(山伏?)が
G181111_16.jpg

何やら投げ込んだあと
G181111_17.jpg

青竹で、炎をならしていくみたい
G181111_18.jpg

G181111_20.jpg

そりゃそうよねー、こんな炎の上なんて歩いたら、いくら修行でも燃えちゃうやん?
G181111_22.jpg

法螺貝鳴らして
G181111_21.jpg

塩(?)まいて
G181111_23.jpg

あれ? ここにきて、燃料再投入
G181111_24.jpg

太鼓にあわせて真言唱えて、気合十分。 このまま進むか!?と、思ったけれど
G181111_25.jpg

G181111_27.jpg

青葉が敷かれ、黒くて細いお箸みたいな棒を大量投入。
G181111_281.jpg

赤い炎がぼんぼん燃え盛ってきたとこで、 刀をかまえて
G181111_29.jpg

スタスタスタッて渡って行った!
G181111_30.jpg

燃えとる、燃えとる!
G181111_31.jpg

G181111_32.jpg

G181111_33.jpg

G181111_34.jpg

G181111_35.jpg
気合を入れるとかそーゆー感じじゃなくって、何でもないことのように一列に歩いて行く姿に、度肝を抜かれますた。本物のお坊様の修行ってスゴイ!


この後スグに
G181111_41.jpg

場は、一般人向けに整えられて
G181111_421.jpg

まずは信者の方から、そして一般の方もどうぞのアナウンス。
行かんと?
行くと?
G181111_43.jpg

行くやろ k_k003.gif
G181111_44.jpg

行くか k_k002.gif
G181111_45.jpg

直前までウキウキ浮かれてたけど、いざ自分の番になって、ちろちろ上がる炎を見たとたんに怖くなっちゃった!でも、修行僧の方が真言を唱えて背中を押してくださったので、エイヤ!と前に進めますた。熱い!熱いよ!アチチチチ!
G181111_46.jpg

物見遊山気分で浮かれてたせいか、邪念があって集中しきれなかったからか、とにかく熱かった!!!でも、足裏と指の間が、炭で真っ黒になったくらいで、たいした火傷はナッシング。 本殿で不動明王さまにお参りして、お茶をいただいて終了。しめて、千円也。
G181111_47.jpg
たまたま来たのに、よい経験ができますた。(計画せずに)思いつきで行ってイイコトに遭遇するのが大好きな夫は、弾丸旅行がさらに好きになったに違いない。

対するわたしは、ケチな質でして。旅には万全の準備をして、楽しみや名物の取りこぼしのないように臨みたいんだけど、連れて行ってもらうのも楽しいね。でも、もうちょっとゆっくりな旅程でも…という話は次回に続く。


弾丸ドライブ福岡-宮島日帰り旅
① 広島・宮島は、めっちゃ楽しい観光地
② うちの夫は、よいモデル(被写体)
③ 宮島・大願寺の火渡り儀式に参加してみた体験記(千円)← 今ココ




ちなみに、ぎんたんちが参加した↑は2018年11月3日大願寺の火渡りですが、11月15日には大聖院の火渡り神事(秋季大祭)があるようです。ポスター見たので、貼っとくのら。太字は、観光協会へのリンクです。
GG1111_24.jpg
宮島旅行記、あと1回。

うちの夫は、よいモデル(厳島神社と鳥居にて)

弾丸ドライブ福岡-広島日帰り旅② 参照→①はこちら



秋晴れヤッホー!
G181111_01.jpg

宮島・厳島神社に、来ましたよ。
G181111_02.jpg

海に浸かっていても、上がっていても、フォトジェニックな大鳥居
G181111_03.jpg

にっこり笑って、ハイ、チーズ。
G181111_04.jpg

G181111_07.jpg
夫がこんなに近寄って来るのって、記念撮影のときだけだわぁ。





写真を撮ったら、鳥居をくぐってみましょうぞ。
G181111_08.jpg

G181111_05.jpg

足元には、海の生き物(貝?)が、びっしりくっついてて、それをカラフルに彩ってるのは、お賽銭。…これきっと、ねじ込み式だね? だんだん色変わってきてるんだね? なんつーか、コレが足元まで行かないと見えないレアな光景なのかすら?
G181111_06.jpg




このあと色々あって(ひとつはシャネル)、参拝は夕方になりますた。
G181111_51.jpg

廻廊をぐるっと回って参ります。
G181111_52.jpg

朱色の神殿と、夕焼けのハーモニーが素敵な雰囲気だったのに、わたしのカメラの腕では、お伝えしきれないのが残念です。
G181111_53.jpg

G181111_54.jpg

G181111_55.jpg

G181111_56.jpg

潮が満ちて、鳥居は海の中。
G181111_58.jpg

歩いて行けたのが、うそみたい。
G181111_57.jpg




弾丸ドライブ福岡-広島日帰り旅
① 広島・宮島は、めっちゃ楽しい観光地
② うちの夫は、よいモデル(被写体)← 今ココ