パリで絶対おすすめ!ビストロ ヴィクトワールでフランス料理をリーズナブルに

2019年6月7日(金)2日目⑥

オペラ座見学から戻って来たら、鼻水ずるずる(←全然回復しない)妹ちゃんが、お出かけしたいとのたまった。
G190703_11.jpg

このごろひとり旅づいてたわたしは、夕方にはホテルに帰る(防犯対策)・夕飯は部屋で食べる(ひとりレストランはさみしいから) がスッカリ身についてたんだけれど、考えてみりゃまだ6時。
G190703_13.jpg

妹ちゃんが行きたいというレストランは、旅ライターの羽田さえさんに教えてもらったとこじゃった。これは、行かずばなるまいよ。(あれ?今みたら違うかも?あれー?)



ホテルから、とてとて歩いて15分。ルイ14世騎馬像そば
G190703_31.jpg

Bistrot Victoires ビストロ ヴィクトワール
G190703_32.jpg
いかにもフランス!なビストロで、妹ちゃんてば、超ゴキゲン。

注文もぜーんぶやってくれて、わたしがトイレに行って戻って来たら、「早く早く」とこの笑顔。
G190703_34.jpg

おぉー!!! なにコレ!?
G190703_35.jpg
妹ちゃんオススメ砂肝サラダ。白いのはどーんとフォアグラで、生ハム、砂ずり(砂肝)、後方にぼんやり見えるのは鴨コンフォイ。サラダなのに、肉がてんこもりで野菜が全然見えないYO!SALADE LANDAISE 11.90€(1,487円)

妹ちゃんのは、正統派ステーキ ENTRECOTE GRILLEE 12.504€(1,562円)
G190703_36.jpg

わーい k_k013.gif いたらきまーす
G190703_38.jpg
どっちも、すごーくウマカッタ!特にサラダは食べきれないほどボリューミーで、日本では見たことないようなクリーミーなフォアグラと、やらわかーい砂肝が美味しくて!味濃いめでホロホロに崩れそうな鴨コンフォイや生ハムは、お酒飲めないわたしですらも、赤ワインほちい…と思ったほどですた。それで、プランタン近くのタバコ屋カフェで食べたランチプレートより安いだなんて k_k008.gif てか、昼が高かったのよね。まー場所代?

妹ちゃん、誘ってくれてアリガトー!
G190703_33.jpg

Bistrot Victoires ビストロ ヴィクトワール 「わざわざ」でも行く価値アリ!




テンション上がって妹ちゃんの体調も落ち着いたので、帰りは ギャルリー ヴィヴィエンヌに、寄り道を。
G190703_41.jpg

ガラス天井が素敵なパサージュ(屋根付き商店街)。
G190703_42.jpg

G190703_43.jpg


お店はほとんど閉まってるけど、通るだけでも楽しいの。
G190703_44.jpg

G190703_45.jpg

ショーウィンドウも、いちいち素敵。
G190703_46.jpg

G190703_47.jpg

G190703_48.jpg

素敵パサージュの素敵レストランなら
G190703_49.jpg

見慣れたキッコーマン醬油の瓶が、めっちゃオサレに見えちゃわない?
G190703_50.jpg


もちろん、買って帰りますた。
G190703_55.jpg

わたしはラファイエット・デパートで買ったけど、モノプリ(スーパー)にもあったよ。
G190703_56.jpg

裏も素敵♡
G190703_57.jpg
もー、ぎんたのごはんはー? k_k014.gif

明日からふたご姉妹でパリなので

妹ちゃんがやって来た。
G190605_51.jpg

明日から一緒にパリなので、今夜はうちに前泊なのら。
G190605_52.jpg

赤しそジュース飲んで、おしゃべりしてたら
G190605_53.jpg

ぎんたは、押し入れに行っちゃった。
G190605_54.jpg


じゃー、行ってくんね。
G190605_14.jpg
ふーん k_k014.gif


という感じで、明日からパリに行ってきます。生存報告、できたらするのら。


あさってパリに出発なので

パリに行くことを決めたのは、ほんの2週間前のことだったので、新しいガイドブックを買いに行く暇もなく、4年前のを引っぱり出しますた。
G190603_11.jpg

昨日がパリ行く前の最後のお休み(※土日は仕事)だったので、一生懸命調べすぎて、ちかれたびー。
G190603_12.jpg
ふぅん? k_k014.gif
G190603_13.jpg

ぎんたのとーちゃん、帰って来たよ。
G190603_14.jpg
ぎんた (下に) おるとかー k_k002.gif

おるよー k_k014.gif
G190603_15.jpg

G190603_16.jpg

うひー k_k014.gif
G190603_17.jpg
ぎんちゃん、ナデナデだーいすき。


さて、ビールのアテにボローニャソーセージを焼いたんだけど
G190603_18.jpg

ジャンクなスナック必要らすい k_k008.gif
G190603_19.jpg
わたしがパリに行ってる間、ふたりで留守番よろしくなのら k_k002.gif


全仏オープン、錦織選手ベスト8おめでとう k_a002.gif
テニス好きなとーちゃんのお土産に、パリでもフレンチ・オープン公式グッズとか売ってるかすら? ローラン・ギャロスまで行く予定はないのよねー。


梅仕事は楽しいけれども

さて、翌日。
G190529_11.jpg

夫が買ってくれた青梅(2kg)と赤しそ(2束)が、あるんだけれど
G190529_10.jpg

さらに小梅(2kg)を、買ってきた。
G190529_13.jpg
人気八百屋までは、ぎんたんちから片道1.5km。平日朝のみ(季節商品は昼には売切必須)、駐車場がなくて歩いて行かなきゃなので、ずぼらして夫に頼んだゆえの失敗ですた。ちなみに八百屋は朝10時からの営業で、10時半には到着したのに、小梅はすでに売り切れてたのよ、わーんわん k_k010.gif 隣の八百屋にもなくて、別のもう1軒をまわって、ようやく発見、1kg750円。ちょっと高かったけど、買っちゃったー!

G190529_14.jpg

また、買ったと? k_k014.gif
G190529_15.jpg
買ったとよー k_k002.gifk_a019.gif


さらに、色々買い込みますて
G190529_21.jpg

なにせ、来週はパリなんだから、悠長に切ったり混ぜたり煮たりしてる暇はナッシング!というわけで、瓶にぶち込むだけの梅酒と、梅サワーを1kgずつ。
G190529_23.jpg
レシピはこちらの →梅酒 →梅サワー

しその葉には、手間暇かけたよ!赤しそサワー。以前作ったしそジュースは後味がどうにも苦手だったのれすが、酢が入ってたら大丈夫かも? と思って再挑戦。
G190529_24.jpg
レシピはこちら →【特集|自家製シロップ】第1話:夏の定番、赤しそジュースの作りかた

紹介されてたような小さな鍋には500gの葉っぱが入りきれなくて、急遽水を増やしてたらいで煮たけど、結果オーライ。酸っぱさで、えぐみ(?)が消えて、なかなかオイチイ!
G190529_25.jpg

うへぇ k_k014.gif
G190529_26.jpg
もちろん、ねこには不評。

しかし作った後に知ったけど、シソの葉は、梅干し用に塩して去年の梅酢に漬けとけば、数日置いてもヨウカッタそうな(※gliconishiさん、いつもありがとうです。載せちゃってよかったかすら。) あぁ、ショック。しその葉むしって洗うの大変だったし、しそジュースは別にほしくはなかったよよよよよ…。k_a032.gif




何はともあれ、令和元年初の梅仕事。あわせて5瓶できますた。
G190529_27.jpg
梅干しは完熟小梅で、ゆるゆるタイプが好きなのら。梅干しのしそは、パリから帰った6月に仕込み予定。次こそ、夫に道の駅へ連れてってもらいたいと思いまふ。

バチは当たるという話

パリに行くことになったので、ウキウキ買い物行きますた。

2万円の素敵スニーカーを履いてみたけど、あまり馴染みのない靴に2万円は出せなくて (※50年越す人生で、制服以外は、ほとんどスニーカー履いたことない。)
G190527_21.jpg

G190527_22.jpg

ダイアナの新ブランドだという
G190526_14.jpg

合皮スニーカー@1万2千円を、ゲットだぜ!
G190526_15.jpg


ほくほく、家に帰ったら、青梅と赤シソの葉がてんこ盛り…!
G190527_11.jpg
夫に、道の駅で梅干し用の小梅買っといてー♡ と、頼んだはずが!

こんな大きな青梅は梅干しにはぜんぜん不向きだし、赤シソは梅が漬かって梅酢が上がった後に入れるモノなのよ…。去年もおととしも、一緒に道の駅巡って買ったじゃないの。いやいや、気軽に頼んだわたしが悪かった。梅干しを漬けたことない夫には、梅の見分けなんてつかないのは当たり前。ほんとに、わたしのバカバカバカ!
G190527_12.jpg
青梅は梅酒でも漬けるとして、この赤しそ、どうすりゃいいの。前に作ったしそジュースは、味があんまり得意じゃなかったのよね k_k011.gif


ぎんた知らんよー。それより、窓あけてー。 k_k014.gif
G190527_13.jpg
はいはい、お外、見ようね。 k_k012.gif


さて、どうしたのか。続きは、明日の更新で。